Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

スタッツから見たチェルシー対リバプール戦 おもふところ

投稿日:

thumb_12373_default_news_size_5
こと、プレミアリーグということであれば、ユルゲン・クロップにとって初勝利が来たわけですが、その記念すべき試合が、スタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦だったということに、ドラマ性を感じます。

クロップは、もちろん勝利を喜んでおり、おそらくスコアにも、ほぼ満足していることでしょう。
また、クロップは、スタッツにも注目しているようです。

指揮官として、いい内容で戦えたという手応えを持ったのかもしれません。

ここでは簡単に、主なスタッツ、指標になりそうなものを振り返ってみたいと思います。

アウェイ戦としては上々ではないかと、私自身は考えています。

・シュート数
リバプール16本、チェルシー8本

・オンターゲット(シュート数)
リバプール7本、チェルシー2本

・ボール・ポゼッション
リバプール57.3パーセント、チェルシー42.7パーセント

・コーナーキック
リバプール7本、チェルシー1本

こうして見ると、チェルシーに先制点は許しましたが、オンターゲットのシュートは2本しか許していなかった。

あるいは、コーナーの数に大差がついたことは、アウェイにも関わらず、全体的にリバプールが押し込んでいたという証左になるように思います。

まだまだ負傷離脱者が多く、ベストメンバーでのトレーニングが十分には出来ない状況にあって、よい兆候が見えてきたように感じます。

これで、ジョーダン・ヘンダーソン、あるいはダニエル・スタリッジが帰ってくれば、かなりチームのやり繰りも楽になることでしょう。

また、当初予想していた以上に、ベンテケが入ることで、戦術の幅が拡がることを感じました。

コウチーニョからベンテケへ・・・というコンビが機能するのか?という眼で見ていましたが、チェルシー戦では、ベンテケからコウチーニョへ!というシーンもあった。

ベンテケは、ボールを収めることが出来るし、うまい落としも出来る。
当初抱いていたイメージよりも、柔軟性の高いプレイヤーなのだな・・・と、感じた次第です。

ベンテケとコウチーニョのホットラインが熟成していけば、自ずとゴールチャンスも増えることでしょう。

今後に期待したいですね。

-プレミアリーグ
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.