Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

レジェンド

ユルゲン・クロップ 「ジェラードのためのドアは常に開いている」

投稿日:

steven gerrard
ユルゲン・クロップが、アメリカにいるスティーブン・ジェラードと連絡を取っていたという話が出ていましたが、クロップ自身が、それは事実だと認めています。

ルビン・カザン戦を前にした記者会見の場で、スティーブン・ジェラードに関する質問も出て、クロップが答えたものです。

クロップとしては、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードがメルウッドでのトレーニングに参加するのは大歓迎だ!ということ。
また一方、現在は、ロサンジェルス・ギャラクシーのプレイヤーであることに配慮した発言になっていると言ってもよさそうです。

(JK)
スティービーとは話をしたよ。
一度電話をして、何度かメッセージのやり取りもした。

彼は、実にナイスガイだね!

彼は、リバプールのレジェンドだ。
もちろんだよ。
しかし、知ってのとおり彼にはアメリカでの契約がある。

今、彼は休暇だし、リバプールへ来たいときには、いつでも歓迎すると伝えたよ。

もちろん、彼を受け入れるドアは、常に開いている。
それは、はっきりしたことだ。

誰もが、スティービーから学ぶことが出来るしね。
ただ、スティービーは、LAギャラクシーのプレイヤーなんだ。

もし、スティービーがリバプールへ戻って来る日には、私達はしっかり彼の役割を見つけるよ。
彼が望むものがあれば、私達は、間違いなく、彼の助けになるつもりだ。

ただし、今は、私達にとってシーズンの途中だしね。

スティービーとリバプールとの関係は、すべてにおいて素晴らしいものであり、パーフェクトだよ。

彼と会える時を楽しみにしているよ。
彼が、何らかの希望を持っていれば、私達は、そのことについて話し合い、アイディアも出せることだろう。

ドアは、いつでも開かれているんだ。
もちろんだよ。

スティービーはレジェンドなんだ。

Steven Gerrard of Liverpool

クロップの立場として、今言える最大級の歓迎の言葉ではないでしょうか。

もし仮に、クロップの中で、ジェラードに対する考えがあったとしても、実際には他のクラブに所属しているプレイヤーについて、多くを語ることは出来ないはず。

ただし、LAギャラクシーとの契約が終わり、そのときジェラードに希望があれば、必ず何らかの助けになると語ったクロップ。

直接会う日も近いようなので、電話では話せないことも話題にあがることでしょう。

ジェラードにも、この先々における自分の道を考えるとき、クロップの姿勢はポジティブなものをもたらすように感じます。

-レジェンド
-, ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.