Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

シェフィールド・ユナイテッド対リバプール戦(プレミアリーグ第7節)の結果と感想

投稿日:


先ほど、プレミアリーグ第7節、シェフィールド・ユナイテッド対リバプール戦が終了しました。
キックオフ前から強い雨が降るウェットコンディション。
その天候を象徴するかのように苦しい試合ではありましたが、0-1のクリーンシートでリバプールが勝利しています。

決勝ゴールとなったのは、70分にジョルジニオ・ワイナルドゥムが決めたミドルシュート。
途中交代でピッチに入ったディボック・オリギが左からクロスを入れ、空中戦でのクリアボールがジニの元へ。
迷わずミドルを放ったジニのシュートは、ゴールキーパーの正面だったものの、ボールに勢いがあり、ゴールインしています。
リバプールは、この1点を守り切り、勝ち点3を掴んだものでした。

アウェイでのランチタイムキックオフ。
ほとんどプレイ経験がないであろうスタジアムで、悪天候とあって、実際にプレイは難しかったと思いますが、リバプールはシンプルなところでパスミスが目立ち、なかなかリズムに乗ることが出来ませんでした。
おそらく、ピッチにいるプレイヤー達もフラストレーションを抱えていたことでしょう。

それでも勝ち点3を取れるチームというところも、また事実かと。

パスをする際のキックミスやパスの出し手と受け手の意図がかみ合わない部分は確かにあったものの、勝ち点3は勝ち点3。
改善すべきところは、次の試合への糧として、立て直してほしいですね。

リバプールの攻撃面ですが、ゴールが来ない中、63分にキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンを下げてディボック・オリギを投入。
これが功を奏した感があります。
ディボック・オリギが左ワイドに入り、ドリブルを使いながらカットインをするジェスチャーを見せることで、リズムを創ることが出来たように思います。

ディボック・オリギが入ったことで、ロベルト・フィルミーノがトップ下のようなポジションを担当しましたが、ある意味この陣形はオプションのひとつとして持っておいてよいかもしれません。

シェフィールド・ユナイテッドは、油断のできない相手だとは思っていましたが、ここまで苦しめられるとは。
ただ、こうして手に入れた勝ち点3には、また格別な思いも湧いてきます。
ジョルジニオ・ワイナルドゥムのゴールがキラリと光りますね。
日頃から目立たないところでハードワークをし、労を厭わないプレイをしてくれるジニ。
今日は、そのご褒美でしょうか。

なお、リバプールは3人の交代枠を使っています。
■63分:ジョーダン・ヘンダーソン → ディボック・オリギ
■87分:ロベルト・フィルミーノ → ジェイムズ・ミルナー
■90+4分:サディオ・マネ → アレックス・オックスレイド=チェンバレン

今日の勝利により、リバプールは開幕7連勝。
昨シーズンから通算して、リーグ戦16連勝と記録を更新しました。
次の試合は、チャンピオンズリーグのザルツブルク戦で、ようやくアンフィールドへ帰ることが出来ます。
また、気持ちを切り替えて、強さを見せたいですね。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.