Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールがトーマス・ミュラーに関心を示しているとの報道も

投稿日:

Thomas Muller


フットボール関連の記事をふらりふらりと読んでいると、このところトーマス・ミュラー(ドイツ)が、バイエルン・ミュンヘンを去りたがっているという記事を目にするようになりました。
そのトーマス・ミュラーに、リバプールが関心を寄せているという報道も浮上しています。

これは、Bildの報道を紹介する形でエコーが記事にしているもので、同誌によれば、トーマス・ミュラーは、フィリペ・コウチーニョに遅れを取っており、ベンチスタートが増えて来ているとのこと。
トーマス・ミュラーとしては、移籍を希望しており、それも出来るだけ早い時期に他のクラブへ移りたい意向だとか。
直近ですと、来る1月に移籍をする可能性があるというのが、報道の骨子です。

Bildに寄稿したジャーナリストは、ユルゲン・クロップ監督が、バイエルン・ミュンヘンにトーマス・ミュラーの件を照会したと指摘しているそうです。

トーマス・ミュラーといえば、経験、実績共に申し分のないスターですが、今のリバプールにフィットするか?という問題はありそうです。
ただし、もし本当にユルゲン・クロップ監督が望んでいるならば、それなりの目算は立っているのでしょう。

一方、トーマス・ミュラー獲得にリバプールが動くとなると、ファンの間でも賛否が分かれるように思います。
トーマス・ミュラーは30歳になっており、むしろベテランの経験値をチームに活かすか。

Bildによれば、リバプールは2017年にもトーマス・ミュラーをターゲットにしていたとされています。
出場機会が減少する中で、可能であれば1月での移籍を希望しているとされるトーマス・ミュラー。
果たして、リバプールが本当に動くことはあるのでしょうか。

リバプールとバイエルン・ミュンヘンといえば、昨シーズンはチャンピオンズリーグで直接対決をしており、リバプールが勝ち上がっています。
ドイツで、多くを成し遂げたフォワードが、アンフィールドへ来ることはあるのか。
トーマス・ミュラーの件に関わらず、フロントスリーの負担軽減のためにも、リバプールは前線に補強をする可能性はあると、私は思っています。
それが誰なのか?
1月の移籍市場が迫って来る中、今後も噂は増えて来そうです。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.