Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレイヤー

リバプールはフロントスリーの負担軽減を図れるか

投稿日:


いまや、ヨーロッパ最強の攻撃陣とも呼ばれるリバプールのフロントスリー。
ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、モハメド・サラーが織りなすハーモニーは絶品であり、相手に与える脅威は計り知れません。
一方で、この3人が凄すぎるだけに、あえて不安要素をあげれば、疲労の蓄積であり怪我のリスクですね。

今シーズンこそは、プレミアリーグのタイトルを是が非でも獲りたいレッズ。
当然、チャンピオンズリーグの連覇も狙っています。

となれば、若手の台頭を待つということも重要ですが、すぐにでもフロントスリーの負担軽減を図りたいところです。

私のように、リバプール大好きというファンからすれば、率直に言って来たる1月にでも誰かを連れて来てほしい。
そう望んでいるのは確かです。

では、どういったタレントを連れて来ればいいか?が大切ですね。
知名度が高いアタッカーであれば誰でもいいというわけではなく、そういうことを絶対にしないのが、ユルゲン・クロップ監督という人だとも思います。

出来れば、ワイドも出来てセンターでもプレイできる。
そんなタイプがいれば理想的。
あるいは、トップでもプレイができ、一列下がった場所でも才能を発揮できるタイプとか。

リバプールの場合には、トップも出来て、一列下がったポジションでもこなせるタレントとしてボビーがいます。
仮に、ストライカーが来たとしてもターンオーバーだけではなく、併用も可能でありましょう。
それを考えると、優先順位としては、ワイドが出来て、中央でも活躍出来るアタッカーが理想的だということでしょうか。

リバプールは、中盤においては、アンカーには多少のてこ入れが必要なものの、インサイドハーフは充実しています。
負担軽減ということで言えば、やはりフロントスリーに代われるアタッカーということになると思います。
あとは、左サイドバックも課題ですが、その件は別に書きたいと思います。

ファン心理としては、どうしても1月に補強をしてほしい。
それが難しいことは理解していますが、どうしてもそう願ってしまいます。
今年の夏には、大きな補強に動かなかったリバプール。
その分、1月はどうだ!という期待感がファンの中にあるのも事実だと思います。

リバプールの場合には、ただ攻撃力があるだけでは十分ではない。
果敢にプレスに行くことが出来て、惜しみないディフェンスも出来るタレントが求められています。
それは誰なのか?

フロントスリーの活躍は素晴らしい。
その分、負担も増えている。
そのことは、クラブとしても当然理解していることでしょう。
リバプールが、来る移籍市場でどんな手を打ってくるのか!
注目したいと思います。

-プレイヤー
-, ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.