Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレイヤー

リバプールとバロンドールについて思うこと

投稿日:


日本時間早朝には、バロンドールの発表があったことは、ご存知のとおりです。
今回は、ファン・ダイクが授賞するのではないか!という期待もあっただけに、それを逃したと知った瞬間は、とても残念でしたが、その成果はまんざら捨てたものではないとも思えるようになりました。
ユルゲン・クロップ監督がやって来て以来、着実にチーム力を向上させて来たリバプール。
それが、バロンドールの結果からも薄らと見えるように思うのです。

バロンドールの候補30人のうち、リバプール勢が7人を占めました。
まずは、これが大きな収穫ですね。

改めて、最終ランキングをまとめてみると、次のような結果として発表されています。

2位:ファン・ダイク
4位:サディオ・マネ
5位:モハメド・サラー
7位:アリソン
17位:ロベルト・フィルミーノ
19位:トレント・アレクサンダー=アーノルド
26位:ジョルジニオ・ワイナルドゥム

トップ10の中に、リバプールのプレイヤーが4人。
しかも、ゴールキーパー部門では、アリソンがヤシン・トロフィーを獲得しています。

それだけ、リバプールのプレイヤー達が世界のトップレベルを占めるようになってきたということ。
数年前までならば、ちょっと想像も出来ないことだったと思います。

あえて言えば、ボビーの評価は、もっともっと高くてよかったと私は感じています。
ゴール数など、数字面で比較をされるとボビーが持っている本当の良さは見えて来ませんね。

来年は、トップ10の中に、リバプールのプレイヤーが5人以上入るように。
そんなシーズンになったらいい。
という期待も見えた今回のバロンドールだったと思います。
そう、リバプールはチームとして戦うことが真骨頂。
これだけ多くのプレイヤーが、高く評価されたことを率直に歓びたいと思う夜でした。

-プレイヤー
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.