Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

ヨーロッパカップ戦 プレイヤー

デヤン・ロブレンの怪我はシリアスなものではないとの見解を示すユルゲン・クロップ監督

投稿日:


ザルツブルクにクリーンシートで勝利し、チャンピオンズリーグ・グループステージからの首位突破を決めたリバプール。
唯一、不安要因があるとすれば、デヤン・ロブレンにトラブルが発生し、途中交代をしたことですね。
デヤン・ロブレンは、前回の試合、ボーンマス戦でもファーストハーフのうちに交代を余儀なくされていました。

そのデヤン・ロブレンについてですが、試合後にユルゲン・クロップ監督が語っており、LFCがオフィシャルで紹介をしています。
LFCによれば、ユルゲン・クロップ監督は、シリアスなものではないと認識しているようです。

デヤン・ロブレンは、試合中に何か違和感を覚え、「私達は交代を決断した」と、ユルゲン・クロップ監督は語ったそうです。
ユルゲン・クロップ監督によれば、前回(ボーンマス戦)と同様のものだろうと。

ただし、ユルゲン・クロップ監督は、「私達は、しっかりと見て行く必要がある」ともしており、現時点では詳細にまで踏み込む発言はしていません。
試合が終わった直後ですからね。

デヤン・ロブレンの怪我が、シリアスなものでないにしても、短期間の中で試合が目白押しであり、フィジカル的に負担がかかっているのは事実だと思います。
次のワトフォード戦では、思い切ってジョー・ゴメスをセンターバックとしてスタメン起用することも検討の余地はありそうです。
個人的には、今のジョー・ゴメスならば、右サイドバックよりもセンターバックでプレイをさせた方が、良いパフォーマンスを発揮できるように感じています。

いずれにしても、デヤン・ロブレンの怪我は、シリアスなものではない可能性が高いと見てよいでしょう。
それを考えると、いかにファン・ダイクが強靱かを改めて実感します。
それだけに、出来ればどこかでファン・ダイクにも休養を与えたいのは事実でありましょう。

しかし、ジョエル・マティプを欠き、デヤン・ロブレンも怪我がちとなれば、ファン・ダイクを休ませる余裕がありません。
ここは、ある意味、リバプールが抱えている課題のひとつですね。

まずは、デヤン・ロブレンの状態が、前回同様早く復帰できるものであることを祈ります。
その上で、ぜひジョー・ゴメスには、このチャンスを生かしてほしい。

よく言われることですが、リバプールのプレイヤーの中で、特に休みがない状態が続いているのが、ファン・ダイクとアンディ・ロバートソンです。
この状況をリバプールはどんな手法で解決するのか。
今後の推移を見守ってみたいと思います。
デヤン・ロブレンについては、一日も早い回復を祈ります。

-ヨーロッパカップ戦, プレイヤー
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.