Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールがカイ・ハヴェルツの代理人と話をしたとの報道も

投稿日:

Kai Havertz


リバプールが誰々に関心を持っている。
そういったゴシップは数多く存在するわけですが、バイヤー・レヴァークーゼンに所属するカイ・ハヴェルツ(ドイツ)も、時折名前があがって来る一人ですね。
この若手ミッドフィールダーは、ドイツの未来を担う逸材だと見られており、関心を示すクラブは数多いと言われています。

カイ・ハヴェルツは、1999年6月11日生まれの20歳。
将来を嘱望され、いずれはステップアップをするだろうとされています。

ところで、Bildが報じるところによれば、リバプールはカイ・ハヴェルツの獲得へ向けた動きを見せており、代理人とも話をしているとされています。
一方、カイ・ハヴェルツには、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンなども強い関心を寄せているとか。

ただ、同誌によればカイ・ハヴェルツは、レヴァークーゼンを離れることを急いでおらず、来る1月での移籍はないと見ているようです。
移籍があるとすれば、シーズン終了後になるだろうと。

カイ・ハヴェルツですが、ネックになるとすれば、移籍金の高さでしょうか。
若手の有望株とあって、その移籍金は£111mに及ぶとも伝えられています。

リバプールの現在の事情といえば、まず今年の夏は大きな補強に動かなかったという事実があります。
続いて来る1月には、南野拓実を比較的安価で獲得することに成功しています。
もし、南野拓実が活躍すれば、きっとバーゲンだった!と、言われることでしょう。

また、冬の移籍市場では、やはりリバプールが優先すべき補強ポイントというものがあると思います。
それらを考えれば、仮にリバプールがカイ・ハヴェルツを欲しがっていたとしても、1月はないと見るのが順当でしょうか。

早い段階で南野拓実獲得を決めたリバプール。
冬の移籍第二弾はあるのか!?
あるとすれば、どのポジションへ誰を連れて来るのか。

中盤が充実しているリバプールですが、欲を言えばアンカーはもう一枚欲しいのではないか?
あとはやはり、左サイドバックですね。
現実問題として、どうしてもアンディ・ロバートソンにかかる負荷が重くなっているのは否めません。

センターバックについても、現在非常に厳しい状況ですが、いずれジョエル・マティプ・デヤン・ロブレンが戻って来ることから、ユルゲン・クロップ監督がどう考えるのか?
ここも注目点だと思います。

カイ・ハヴェルツは、非常な人気銘柄であり、注目度は今後も高まりそうです。
あとは、本当にリバプールに必要なのか、てこ入れすべきポジションとして優先順位的にはどうなのか。
そこをしっかり見て行く必要がありそうです。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.