Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールが左サイドバック補強の動きを見せているとの報道も 

投稿日:


2019年も残り1日となりました。
しかし、プレミアリーグファンに休日はありませんね。
新しい年が幕を開けるということは、即ち移籍市場がオープンになることを意味します。
既に、南野拓実の獲得を決めているリバプールですが、まだ補強があるとすれば優先順位の高いポジションはどこか?

いろいろな考え方があると思いますが、左サイドバックが重点事項である!
と、答える方々も多いことでしょう。

そんなリバプールですが、左サイドバック獲得の噂がメディア上に浮上してきました。
Mirrorをはじめ、多くの英国メディアが報じており、リバプールが注目をしているのは、エールディビジのフィテッセ所属、マックス・クラークだとされています。

オランダのクラブで活躍をしていますが、マックス・クラークはイングランド人であり、ハル・シティ出身であります。
ハル・シティ、左サイドバック?
アンディ・ロバートソンもハル・シティからリバプールへやって来て、一躍ヨーロッパを代表する左サイドバックとして成長しています。

マックス・クラークは、1996年1月19日生まれの23歳。
Mirrorの書きぶりを見ると、プレミアリーグのスカウト陣が群がっているとされています。
それくらい注目される活躍を示しているということだそうです。

リバプールは、アルベルト・モレノを放出しましたが、その後任の確保には動きませんでした。
それは、ジェイムズ・ミルナーがいるからということも理由のひとつではあったと思います。
ただし、すべてのコンペティションで優勝を狙うならば、左サイドバックの本職が、もう一人は欲しいところ。

この移籍話が実を結ぶのか。
少し、気をつけておきたい名前ではあります。
もし、本当にリバプールが獲得に成功すれば、念願の左サイドバック獲得が実現することになります。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.