Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールが関心を持っていると報じられる嘘のような名前

投稿日:

Marcus Rashford


昨年の夏、今年の1月と、リバプールはふたつの移籍市場において大きな補強には動きませんでした。
おそらく、ユルゲン・クロップ監督なりの考えがあってのことだと私は思っています。
以前もちょっと書きましたが、変化よりも今のチームを熟成させることを優先したのだろうと。

昨年の夏、リバプールはハーヴェイ・エリオット、アドリアンといった若手とサブのゴールキーパーを獲得。
補強に使った資金は、必要最小限だったと言っていいでしょう。

さらに、今年の冬については、南野拓実一人を獲得して、移籍市場の窓は閉じています。

必然、今年の夏には大きな補強をするのではないか?と目されているのも確かです。

ところで、俄には信じがたい名前が報じられています。
私は、移籍の噂というものは、片目を閉じて眺める程度でちょうど良いと思っていますが、今回の報道には、正直びっくりしました。
ゴシップにしても、ちょっと信じられないような名前が・・・。

あくまでExpressが話題にしていることですが、リバプールはトッテナムのソン・フンミンとマンチェスター・ユナイテッドのマーカス・ラッシュフォード2人に関心を持っていると。

普通に考えれば、それはないだろう!と思います。
何かの根拠や兆候があるのか?

まず、ソン・フンミンについてですが、トッテナムはエリクセンを失っており、これでソン・フンミンまで抜かれたらどうなってしまうのか。
むしろ、大胆な変革を追求するというならば、話は別ですが。

ラッシュフォードに至っては、強いライバル関係にあるリバプールとユナイテッドですので、禁断の移籍ということになってしまいます。
両チームの間での移籍は、ごくごく希であり、ほとんど例を見ません。

今回の報道によれば、いずれも今夏での獲得へ向けてという趣旨になっていますが、やはり、これはないと考えることが妥当かと思います。
もし、万が一、実現してしまった場合には、私は、驚きます。
びっくりして、キーボードを打てないかもしれません。

噂は噂ですが、リバプールはこの夏どんな動きを見せるのか?
来年の1月には、アフリカネーションズカップが開催されることも視野に入れる必要はありそうです。
どうしてもアタッカーが欲しいという状況が訪れる公算が強く、リバプールのプランは、追々注目され、ピックアップされそうですね。
まずは、プレミアリーグの優勝へ向けて、一試合、一試合に集中し、目標を達成した上で、動きを注視してみたいと思います。

-移籍関係

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.