プレイヤー

リバプールを常勝チームにした必殺のピース! ファン・ダイクとアリソンの獲得


ウィンターブレイク中ということで、ちょっと雑談めいたことを書いております。
リバプールのストロングポイントとして、昨日はトレント・アレクサンダー=アーノルドとアンディ・ロバートソンの両サイドバックを取り上げましたが、今回はファン・ダイクとアリソンについて触れてみたいと思います。
今シーズンのプレミアリーグで無敗を誇るリバプール。
まさに、常勝チームへと成長したことが見て取れます。

ここへ来るまでに、ユルゲン・クロップ監督は、いくつかの布石を打っていますが、必殺のピース!という意味では、ファン・ダイク、さらにアリソンの獲得こそが、大きな、大きなプラスになったと思います。
それは、揺るがない事実でありましょう。

サウサンプトンからファン・ダイクを獲得するまでには、何度かの紆余曲折がありました。
しかし、リバプールはファン・ダイクを欲し、ファン・ダイクもリバプールへ行くことを望んでいた。
相思相愛の仲だったわけです。

晴れて、ファン・ダイクを獲得して以降については、リバプールの失点が減少したのは歴然としており、ウィークポイントとされていたディフェンスに、安定感を与えています。

さらにリバプールは、ゴールキーパーにワールドクラスと呼ばれるブラジル代表のアリソンを獲得。
この一手が、ユルゲン・クロップ監督渾身の補強となった。

世界最高と呼ばれるセンターバックを擁し、これまた世界ナンバー1ゴールキーパーを得たリバプールは、守備面で飛躍的に向上し、ロングフィードという武器も得たことにより、攻撃のオプションを増すというプラス要素も得ることに成功しています。

ユルゲン・クロップ監督は、本当に必要なポジションに、真に必要なプレイヤーをピンポイントで獲得するというスタンスを取っているのは明らかです。
それがずばり!と当たっている。

ファン・ダイクは、まず欠点が見当たらない完璧なセンターバック。
アリソンは、あらゆる面でハイレベルにある世界屈指のゴールキーパー。
2人とも、まだまだ最高の時期はこれから来るだろうし、より円熟したプレイを披露してくれることでしょう。

ディフェンス面での貢献は勿論のこと、ファン・ダイクもアリソンも、最後尾からの正確なロングフィードを持っており、相手チームにとっては脅威以外の何ものでもありません。
また、キャプテンシーにあふれ、ハートがしっかりしているところも心強いですね。

リバプールが誇るディフェンスの2枚看板。
ファン・ダイクとアリソンは、間違いなくリバプールのストロングポイント。
このコンビは、これからもっともっと輝いて行くことでしょう。
リバプールに再び黄金時代をもたらすために。

-プレイヤー
-,