Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールが今夏£51mでティモ・ヴェルナーの獲得を欲しているとの報道も

投稿日:

Timo Werner


RBライプツィヒに所属するドイツ人アタッカー、ティモ・ヴェルナー。
私は、何度この名前を書いたことでしょう。
リバプールがティモ・ヴェルナーを補強ターゲットにしているとの報道は、枚挙に暇がありません。
一方で、否定をする向きも存在しますが。

移籍の話ばかりは、正式に決まるまで分からないわけですが、ティモ・ヴェルナーについては、特にしっかりと見る必要がありそうです。
そんな中ですが、ドイツのSport Bildがティモ・ヴェルナーの件を報じ、英国ではDailymailが記事にしています。

今回出て来た報道によれば、ユルゲン・クロップ監督が、この夏での獲得を熱望しているとのこと。
プレミアリーグで首位を走るリバプールですが、ユルゲン・クロップ監督は、更なるチーム強化を止めることはないと。

移籍金について触れられており、ティモ・ヴェルナーにはリリース条項があるそうで、その額は£51mだとされています。

ブンデスリーガで活躍をするドイツ人プレイヤーといえば、バイヤー・レヴァークーゼン所属のカイ・ハヴェルツが、やはりレッズのターゲットだと噂されており、一部メディアでは、両方を取ることはないだろうという論調もあります。

いっそのこと、2人とも狙いますか。

以前からティモ・ヴェルナーは評価が高く、リバプールにフィットするタイプだと言われて来ましたが、今シーズンは特に調子がよく、ゴールを量産しています。
リーグ戦では、既に20ゴールを達成しており、率直に凄いペースですね。

ブンデスリーガのことは、誰あろうユルゲン・クロップ監督が一番詳しいだろうし、果たして本命は誰なのか。
ちょっと以前の話になりますが、ティモ・ヴェルナーがリバプールへ来るならば歓迎すると、ナビ・ケイタとサディオ・マネが発言をしていたこともあります。

考えてみれば、面白いことにと申しますか、監督がドイツ人であるリバプールですが、着任以来、プレイヤーにはドイツ人が少ないですね。
昨年の夏、今年の1月と、支出を極力抑えてきたリバプール。
果たして、来る夏には、どんな動きをするのか。
マンチェスター・シティも、今シーズンの戦績を見れば黙ってはいないだろうし、更なる強化が求められそうです。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.