Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールがドルトムントにジェイドン・サンチョ獲得の意思を伝えたとの報道も

投稿日:

Jadon Sancho


季節はまだ2月ですが、夏の移籍市場を見据えた報道は、日々満ちあふれていますね。
勿論、打上花火のように、あえてメディアに流すというケースもあるわけですが、あえて鵜呑みにするならば、リバプールの有力な補強候補として度々名前が出て来るのは、ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)であり、カイ・ハヴェルツ(バイヤー・レヴァークーゼン)であり、またジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント)もその一人。
今回は、ジェイドン・サンチョに関して浮上している報道について触れてみたいと思います。

あくまでDailymailが報じるところによればですが、リバプールはドルトムントに対して、ジェイドン・サンチョを獲得したい旨の意思を伝えたとのこと。
移籍金については£100mを用意していると報じられています。

どれだけ可能性があるか?ですが、もし本当に実現した場合、移籍金の額において、リバプールのクラブレコードとなります。
以前からある傾向ですが、イングランド人プレイヤーの獲得は、どうしても割高になると言われており、若手といえば尚更ですね。

同誌によれば、ジェイドン・サンチョには、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、レアル・マドリード、バルセロナなども興味を示しているとか・・・。

今回の報道を見ていると、競争が激しい獲得レースにおいて、リバプールに優位性があるのではないか?ということも触れられています。
まず、ユルゲン・クロップ監督とドルトムントとの関係性が言われています。
改めて申し上げる必要はないと思いますが、ドルトムントの指揮官としてユルゲン・クロップ監督は愛された存在。

また、リバプールは新シーズンからナイキとパートナーシップを結びますが、このナイキはジェイドン・サンチョのスポンサーになっているのだそうです。
さらに、あくまで同誌が書いていることですが、ジェイドン・サンチョは、トレント・アレクサンダー=アーノルド、アレックス・オックスレイド=チェンバレン、ジョーダン・ヘンダーソン、さらにライアン・ブリュースターと良い友人関係にあるのだそうです。

ジェイドン・サンチョといえば、ピッチ外での素行が度々話題にのぼることがありますが、その部分も含めて、リバプールが受け入れ、人間としても成長させて行くことが出来るか。
既にイングランド代表としても活躍をしている期待の若手だけに、おそらく今後も沢山の報道がなされることでしょう。
リバプールが、真に欲しているのは誰なのか?
しばらく様子を見て行く必要がありそうです。
えてして本命は、あまり名前が出ない場合もあるし、この夏におけるリバプールの動きには注目ですね。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.