Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

レジェンド

ハッピー・バースデー! ケビン・キーガン!

投稿日:

Kevin Keegan


リバプールのことを思うとき、私には忘れられない存在があります。
それが、ケビン・キーガン。
小学生から中学生となる時期に、リバプールを好きになり、当時エースとして活躍していた7番がケビン・キーガンでした。
リバプールファンとなった私にとっての最初のアイドル。

今日、2月14日は、そんなケビン・キーガンの誕生日。
ハッピー・バースデー!

ケビン・キーガンは、1951年生まれですので69歳になりました。
時の流れを感じます。

ケビン・キーガンがリバプールへやって来たのは、1971年のこと。
同年8月14日にデビューを飾っています。
思えば、私が海外フットボールに目覚め、リバプールファンになった時期と、ケビン・キーガンのリバプールでのキャリアは、ほぼ一致していて、そういった意味でも、特別な思い入れがあるレジェンドです。

当時、ケビン・キーガンの才能、可能性に目を付けて、リバプールへと連れて来たのが、ビル・シャンクリー監督。
眼力も一級品でした。

リバプール在籍中におけるケビン・キーガンは、公式戦323試合に出場し、100ゴールを記録しています。
小柄な躯でピッチを無尽蔵のスタミナで走り回り、リバプールファンからこよなく愛された7番。
人々は、そんなケビン・キーガンをマイティー・マウスと呼び、喝采を送ったものでした。

ケビン・キーガンがリバプールに在籍していた当時を思い出すと、イングランドは、いまだロングボールを放り込んで、センターフォワードのヘッドに合わせるというスタイルから完全には脱却出来ていなかった。
しかし、ケビン・キーガンを擁するリバプールには、明らかに違う匂いがあったのも確か。
キック&ゴー!
クロスからのヘッド!
そのスタイルを捨てることは、私達が想像するよりも、相当難しいことだったようです。

そんなイングランド勢の中にあって、リバプールは大陸、世界にも通用するフットボールを具現していた。
明らかに特徴的なチームでありました。

ケビン・キーガンと同時代に活躍したデンマーク代表にアラン・シモンセンというプレイヤーがいますが、彼もまた小柄であり7番を背負っていた。
私はよく、ケビン・キーガンとアラン・シモンセンを対比して観戦していたものです。

現代フットボールのような強烈なプレスがない分、ファンタジスタにとっては至福の時代だった。
そう言えるような気がします。
リバプールのフットボール史に名を刻むレジェンド。
ケビン・キーガンは、まさにその一人だと思います。
いつまでもお元気で。

-レジェンド
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.