Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレイヤー

トレント・アレクサンダー=アーノルドを好きにならずにいられない

投稿日:

Trent Alexander-Arnold


リバプールでのファーストチームデビュー以来、着実に進化し、いまやファーストチームに欠かせない右サイドバックに成長したトレント・アレクサンダー=アーノルド。
昨シーズンは、記録したアシスト数が、ディフェンダーとしては最高の記録となり、ギネスに登録されたこともご承知のとおりです。
その成長ぶりは著しく、メンタル面、体つきも含めて、逞しくなったな!と実感します。

私は、単純な人間ですので、リバプールに在籍しているプレイヤーは全員のことを応援しているし、大切に思っています。
そんな中でも、トレント・アレクサンダー=アーノルドは、ある意味特別な存在意義を持っているように思えるのです。

リバプール生まれ、アカデミーからのたたき上げであることも、その一因であることは間違いありません。

つい先日、トレントの発言がLFCからも紹介されていましたが、トレントはスカウサーであることを誇りに思うという趣旨の発言もしています。
また、以前から言って来ていることですが、キャリアについては、リバプール1チームのみで送りたい。
そんな希望を持っていると聞きます。
今の時代にあって、極めて希少な存在ですね。

さらに、トレントの場合には、あの若さにして、将来の夢はリバプールのキャプテンになること!
と言って憚りません。
何とも、リバプールファンにとっては頼もしい存在です。

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン

いまや、現役生活をひとつのクラブで完結するプレイヤーは少なく、むしろ例外的なパターンだと言ってもいいでしょう。
それでもトレントは、リバプール一筋の道を歩みたいと言う。

これは、リバプールファンとしては、応援したくもなるし、好きにならずにいられませんね。
まだまだ、伸びしろが沢山あるトレント。
リバプールの未来を担う逸材だと言っていいでしょう。

もし、今後プレミアリーグが再開されれば、昨シーズンに記録したアシスト数を上回ることは、ほぼ確実です。
どこまで伸びるか!若手よ!

若手とはいえ、堂々たる態度を試合中にも見せるトレント。
かつて、ファーストチームと行動を共にするようになったとき、ベン・ウッドバーンといつも一緒で、試合中は隣り合わせでベンチに座っていた日々が思い出されます。
トレントが順調に成長し、いつの日か、彼の夢が叶うことを祈ります。

-プレイヤー
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.