Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

未分類

シモン・ミニョレ 「次からはもっと早く蹴るようにする」

投稿日:

Through
ヨーロッパリーグ、グループBのリバプール対ボルドー戦。
普段では、なかなかお目にかかれないシーンもありました。

ゴールキーパーの6秒ルールが適用され、相手にフリーキックが与えられたものです。

このことに関しては、いろいろなご意見があるものと思います。

ジャッジの基準、適用の仕方を問題視する場合。
シモン・ミニョレが持ち過ぎだと考える場合。

結果的に、ミニョレが与えたフリーキックはゴールに繋がり、リバプールは先制点を奪われるわけですが、まず脱線すると、ゴールからあれだけの至近距離で、壁が立っているのに、枠に飛ばして決めるというのは、敵ながら天晴れだったと思います。

なかなか決まりませんよね。
実際は・・・。

6秒ルールに関しては、現実には破っているゴールキーパーが数え切れないほどいると思います。

たとえば、レフリーに、こんな対応を求めることも出来るかと思います。
・まず、ミニョレに注意を与える。
・それでも繰り返すようならば、そのときにファールを取る・・・。

一方、ミニョレのこれからのために、あえて厳しく言うならば、時には戦況を落ち着かせるために、あるいは時間をかけたほうがいい時には、長くボールを持ったとしても、相手ディフェンダーが戻り切る前に、素早くフィードすることを心がける必要もあるかな・・・と、思います。

リバプールのゴールキーパーでいえば、ぺぺ・レイナが、カウンターへつながるフィードの名手でしたね。
ミニョレにも、あのイメージを少しでも抱いてもらえればと期待します。

今回の件は、ミニョレにとって、今後の勉強になったと捉えておきましょうか。
それにしても、リバプールが勝ったからいいものの、そうでない結果だった場合には、ミニョレも笑ってはいられなかったことでしょう。

さて、このことについて、ミニョレは試合後に、次のようなことを語っています。

(SM)
ルールでは6秒だ。
でも、それが適用されるケースは、ほとんどないよね。

ぼくは、ベストな選択肢を探していて、そこに出そうと思っていたんだ。

でもルールがあるわけだし受け入れる。

これを教訓にして、次からは、素早くキックするよ。

JS77528490

それにしても、ミニョレが保持していた秒数が22秒とは・・・。
背番号分だけキープしたということでしょうか(__;)

とはいえ、ミニョレとしては、あまりにも明るくユルゲン・クロップに迎えられたので、ネガティブな思いも薄まったことでしょう。

今回は、リバプールも勝ったことだし、ミニョレには、自身が言っているように、今後の教訓にしてもらい、よりよいゴールキーパーへと成長してほしいと願うところです。

ひとつ言えるのは、ヨーロッパの舞台でプレイする際には、レフリーの判断基準も、早い段階でしっかり把握することですね。
これもまた、良い経験と・・・・。

-未分類

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.