Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

レジェンド

ピーター・クラウチが抱える大きな後悔とは

投稿日:


身長201cm。
かつてリバプールで活躍をしたピーター・クラウチには、そのキャリアにおいて大きな後悔があるのだそうです。
高身長ということで、ヘッドの怖さが取り上げられますが、足元が非常に器用だったことが、私は印象に残っています。
また、ゴールセレブレーション時に見せるロボット・ダンスが、コップの心をつかんでいましたね。

ピーター・クラウチが抱えている後悔とは何か?
これは、Daily Mailからの質問にピーター・クラウチが答えたもので、2008年にリバプールを去ったことが間違いだったとし、キャリアにおける大きな後悔だと述べています。

ピーター・クラウチがリバプールに在籍をしていたのは2005-2008のことで、当時の監督はラファ・ベニテスでした。
2008年にポーツマスへ行くことをピーター・クラウチが決断した理由としては、2007-2008シーズンでの出場機会が減少したことがあげられます。

では、このシーズンに、リバプールには何が起こっていたのか?
2007年夏には、リバプールはアトレティコ・マドリードからフェルナンド・トーレスを獲得しており、最初のシーズンから素晴らしい活躍を見せつけます。
特に、スティーブン・ジェラードとのコンビネーションは圧巻でした。

当時は、フェルナンド・トーレスに勢いがあり、スティービーも全盛期でしたから、ピーター・クラウチとすれば、去るべき時が来たと考えたのでしょう。

しかし、その後リバプールでは、ヴォロニンやエンゴクが起用されており、その様子を見るにつけ、ピーター・クラウチは、「リバプールのようなクラブを簡単に離れるべきではなかった」と、後悔の念に苛まれて来たそうです。

そのキャリアにおいて、ピーター・クラウチは、実に多くのクラブでプレイをしています。
しかし、イングランドでのプレイを貫いた人でもあった。
38歳まで現役を続けていたことは、ある意味大きな功績だと、私は思います。

そのピーター・クラウチが、リバプールは特別なクラブだと今でも実感している。
リバプールを去って後悔をしているプレイヤーとは、他にもいるかもしれませんね。
ピーター・クラウチは、その思いを解放した。
現役を引退したからこそ言える言葉だとは思いますが、リバプールファンは、今でも彼を愛していることを伝えたいですね。

-レジェンド
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.