Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ミロト・ラシカの代理人が今夏での移籍を示唆

投稿日:

Milot Rashica


夏の移籍市場解禁へ向けて、リバプールの補強ターゲットとしては、様々な名前があがっていますが、ヴェルダー・ブレーメンに所属するミロト・ラシカ(コソボ)もその一人。
リバプールが狙っているという報道が年明けから囁かれて来ました。
そのミロト・ラシカの代理人が、今夏での移籍に自信を示しているとのこと。

これは、Metroが報じているもので、同誌はミロト・ラシカが、ユルゲン・クロップ監督の目に留まっているともしています。

今シーズンのブンデスリーガにおけるヴェルダー・ブレーメンですが、18チーム中17位に沈んでおり降格圏にあります。
もし、このまま降格が決まれば、ミロト・ラシカの移籍は確実とも言われていますが、さてどうなりますか。

ミロト・ラシカは、1996年6月28日生まれで、現在23歳。
特徴としては、まずはスピードが抜群にあること。
切れ味鋭いドリブルを持っていることをがあげられると思います。

また、リバプールが欲しがりそうな理由としては、両ワイドを上手くこなせるという特徴があります。

再三お伝えをしてきたとおり、アフリカネーションズカップが予定どおり開催された場合、リバプールはサディオ・マネとモハメド・サラーを同時期に失うことになります。
となれば、両ワイドが出来るアタッカーは欲しいところでありましょう。

ただ、リバプールの補強候補としては、他にもワイドが出来る選手の名前もあがっており、誰が本命か?は、今後の動きを見ていく必要がありそうです。

あとは、どれだけ若手が台頭をしてくるか。
あるいは、南野拓実が頑張れるか。
そのへんにも注目ですね。

ミロト・ラシカの場合には、コソボ代表ということで、アフリカネーションズカップとは関係がなく、リバプールが狙いに行く理由はありそうではあります。
あとは、移籍金がどれくらいの設定になるのか。
そのへんも重要なファクターとなりそうです。
しばし、見守ってみたいですね。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.