Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレイヤー

リバプールでの進退の話題を一笑に付したモハメド・サラー

投稿日:

Mohamed Salah


移籍市場を見据えての動き。
リーグ戦がストップしていること。
これらの要素があるからか、どうにも取るに足らない話題が増えている感はあります。
たとえば、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、そしてモハメド・サラーのフロントスリのうち、誰かはリバプールを去るのではないか?など。

まず、私が思うには、今の段階で彼等が新天地を求める理由が、なかなか見つかりません。
フットボーラーですので、絶対に生涯リバプール!と断言することは出来ませんが、少なくとも今年の夏に彼等が出て行くことは想像ができない。

しかし、メディア筋は、何かと書き立てていますね。
それが仕事なので仕方がありませんが。

ところで、Sky SportsがInstagramで投票と申しますか?質問を投げかけていました。

“Mohamed Salah - Keep or Sell?”

モハメド・サラーをキープすべきか?売るべきか?というもの。

ちょっぴり話題になっているのは、この投稿に対し、モー本人が反応をし、コメントしていることです。

絵文字でコメントをしたモー。
いわゆる、(笑)(笑)(笑)とでも申しましょうか。

ローマからリバプールへとやって来て、俄然決定力が研ぎ澄まされたモー。
まだまだリバプールで成し遂げるべき仕事があるはず。

さらに、モーが自由に、あるいは存分に前線で、ゴール前で暴れられるのは、サディオがおり、ボビーがいるからだとも言えそうです。
そのことは、モー自身がよく分かっていることでありましょう。

もし、今シーズンのプレミアリーグをリバプールが獲ったとしても、大観衆の中で、ファンの前でトロフィーを高々と掲げるという目標が残っています。
個人賞でいえば、バロンドールなどもある。
報道に一喜一憂せず、愚直でもいいので、私は信じていきたいと思っています。
失望と歓喜が伴うのがフットボールの世界。
ならば、今はただただ信じるのみです。

-プレイヤー
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.