Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレイヤー

ロリス・カリウスの代理人が現状を語る

投稿日:

Loris Karius


先日のこと、ロリス・カリウスがローン先であるベシクタシュとの契約を打ち切ったと宣言をしたことについてご紹介をしました。
まだ、LFCからのアクションは表に出ていませんが、現状、あるいは今後についてロリス・カリウスの代理人が発言をしています。
ロリス・カリウスは、2018年のこと、ベシクタシュへの2年間のローン移籍が決まっていたものです。

ロリス・カリウスの代理人が、どんなことを言っているかについてはSport Witnessが報じており、ベシクタシュの助けになろうとがんばって来たものの、同クラブの幹部(取締役会)の対応はひどかったと。

カリウスは、まだ26歳であり、彼の前には素晴らしいキャリアが待っている。
彼は今、リバプールへ戻っているよ。
まだ、2年間の契約が残っているからね。
今後のことについては、まだ話をしていない。
何が起こるかを見てみよう。
残念ながら、ベシクタシュの取締役会は、ひどい扱いをしてきたよ。
給与が未払いであったにも関わらず、私達は冷静であろうとした。
カリウスは、こんな状況でもクラブの助けとなる準備が出来ていたが、彼等は耳を貸さなかったんだ。

なお、以前書かせていただいたものについては、次のとおりです。
こちらは、ロリス・カリウス自身のコメントをご紹介したものです。

給与の未払い案件については、かなり以前から取り沙汰されていましたが、具体的にどんな状況だったのかをリバプールとしても調査をする必要性がありそうです。

代理人が言うように、ゴールキーパーとしてのロリス・カリウスはまだ若い。
それを考えたとき、もしリバプールに残ればレギュラーは難しいかと思われます。
何しろ今は、アリソンの存在がありますからね。
この状況下で、リバプールとロリス・カリウスの代理人が、どんな話し合いを持つのか?
その成り行きを見て行く必要がありそうです。

-プレイヤー
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.