Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

次のキャリアはユルゲン・クロップのもとで過ごしたいとするラウル・ヒメネス

投稿日:

Raul Jimenez


プレミアリーグファンの皆様は、よくご存知のことと思いますが、ウルブスは本当に良いチーム、強いチームになりましたね。
その中心選手と言ってもいいのがラウル・ヒメネス(メキシコ)ということは間違いないかと思います。
このラウル・ヒメネスには、マンチェスター・ユナイテッド、あるいはトッテナムが強い関心を寄せているとされていますが、ヒメネス本人は、次のキャリアはユルゲン・クロップのもとで過ごしたいという夢をもっているのだそうです。

これは、TeamTalkが報じているもので、次のレベルへ進むために自らのキャリアをユルゲン・クロップ監督にあずけたいという意思を持っているとのこと。

同誌は、ヒメネスの思いがあり、ユナイテッドからの誘いは断るとしています。
ユルゲン・クロップの存在が、ライバルチームのプランに待ったをかけるということか。

ヒメネスに関しては、あえて私がご紹介をするまでもないと思います。
決定力に優れ、大きな仕事をやってのける選手で、彼と戦うときは常に怖い存在です。

仮に、リバプールへやって来たとして、うまくフィットすれば、相当数の得点も期待できますが、レッズのフロントスリーと異なる点はといえば、身長が高いという部分でしょうか。
190cmあるとされる高身長で、たとえばクロスが来ればヘッドで狙うこともできる。

ひとつ考慮すべきは、彼の年齢でしょうか。
ヒメネスは29歳になっており、この部分をどう捉えるか?によって意見は割れそうです。

獲得するならば、もっと若い選手を!という声もあるだろうし、一方で、今が最も旬だ!という意見もあることでしょう。
ひとつ言えることは、ヒメネスはプレミアリーグで十分な実績を残して来ており、明らかに即戦力であるということ。

たとえば、年齢のことを言えば、ヒメネスが次のキャリアを考え出しているとすれば、そうは時間がないことも分かっているはず。
さて、ユルゲン・クロップ監督は、ヒメネスの思いに、どうこたえるのでしょうか。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.