プレミアリーグ

たとえ無観客だったとしてもリバプールを楽しみたい


新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮い、プレミアリーグは中断状態に。
非常に残念なことではありますが、まずはみんなが健康でいることが大切ですからね。
それがあるからこそ、フットボールを楽しめる。
さて、プレミアリーグですが、再開の目が見えて来ています。

暦は明日から6月となりますが、現時点では6月中旬にもプレミアリーグが再開されるものと見られていますね。
ただ、開催されても無観客試合に。

フットボールは、スタンドのファンを含めてのエンターテイメント性を持っていると思うし、特にアンフィールドの雰囲気は格別。
その雰囲気を感じられないのは率直に残念ではあります。
しかし、その上で思うのです。
たとえ無観客試合だったとしても、またリバプールの試合を観られることは幸せだと。

選手達がメルウッドでトレーニングをしている姿。
その笑顔。
それを見ているだけでハッピーな気持ちになるのですから、試合が出来るならば感謝したい気持ちで一杯です。

今シーズンのリバプールは、プレミアリーグでタイトルを獲る可能性が高く、そのとき、トロフィーを掲げるとき、リバプールファンに囲まれてセレモニーが出来ないことは、たしかに寂しいかもしれない。
ただ、その分は来シーズンに取っておきましょう。
出来ればアンフィールドで決めたい!
そのとき、満場のファン、世界中のファンがひとつになる。

私は、ただただリバプールの選手達が元気でいる姿が見たい。
それだけです。
耐えるべきことは耐え、むしろ歓びを心に抱く。
きっと楽しめるはず。
赤いユニフォームを纏った選手達の姿が恋しいですね。

-プレミアリーグ