移籍関係

フィリペ・コウチーニョがリバプールへ帰ることを望んでいるとの報道も

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

Philippe Coutinho


人生というものは、先々何が待っているか分からないもの。
ある決断が、その後の運命を大きく変えてしまうこともあります。
かつてリバプールに在籍していた頃のフィリペ・コウチーニョは、こよなくファンから愛されていた。
それは事実だと思います。

しかし、コウチーニョの頭の中はバルセロナへ行きたいということで一杯になってしまったのでしょう。
なかば強引にも見える形で2018年1月にリバプールを去っています。
その際に生じた移籍金は£142mとも言われていますね。

ただ、ご存知のとおり自分の夢を叶えたコウチーニョには、失意の日々が待っていた。
憧れのバルセロナへ入ったものの、ファンの支持を得ることはできず、バイエルン・ミュンヘンにローンで出されるという道を辿ることに。

バイエルンは、買取オプション付きのローン契約を結んだと見られていますが、その権利を行使することを放棄。
必然、コウチーニョはバルセロナへ戻ることになりますが、今度はバルセロナがコウチーニョ売却を検討。
それが、ざっくりとした経緯かと思います。

コウチーニョの移籍金は高額にのぼることから、バルセロナに籍を置いたまま、ローンで新天地を求めるという説もありますね。

さて、あくまでExpressが報じるところによれば、コウチーニョはリバプールへ帰ることを望んでいるのこと。
代理人もプレミアリーグ復帰へ向けて努力している旨の発言をしたそうです。

コウチーニョのリバプール復帰説は、以前にも囁かれたことがありましたが、バルセロナが膨大なローン手数料を要求したとされています。
今回の報道では、わずか£9mで、シーズンローンが可能になるとされています。

一方で同誌は、コウチーニョがリバプールを去ったやり方をみれば、もしユルゲン・クロップ監督が呼び戻した場合、大きな驚きをもって見られることだろうともしています。

少なくとも、私が知る限り、ああいった去り方をしたコウチーニョですが、ユルゲン・クロップ監督も選手達もコウチーニョを悪く言ったことはない。
そこは立派だと、常々私は思っています。
歯車が狂ったフットボーラー人生。
コウチーニョは、再び輝くことが出来るのでしょうか。

-移籍関係
-