Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

リバプール対チェルシー戦(プレミアリーグ第37節)の結果と感想

投稿日:


先ほど、アンフィールドで開催されたプレミアリーグ第37節、リバプール対チェルシー戦が終了しました。
打ち合いとなった試合ですが、5-3のスコアでリバプールが勝利を飾っています。
今シーズン、最後のアンフィールドとあって、大切な試合でしたが、しっかりと勝利で締めくくりましたね。
両チーム合わせて8ゴールが生まれた試合。
まず、得点経過からまとめてみたいと思います。

■23分:ナビ・ケイタ
■38分:トレント・アレクサンダー=アーノルド
■43分:ジョルジニオ・ワイナルドゥム
▲45+3分:失点
■55分:ロベルト・フィルミーノ
▲61分:失点
▲73分:失点
■84分:アレックス・オックスレイド=チェンバレン

まず、先制ゴールとなったナビ・ケイタの得点ですが、ファン・ダイクがボールをカットしたことが起点となり、次にジョルジニオ・ワイナルドゥムがワンタッチでナビ・ケイタへ。
ナビ・ケイタは、豪快な右足のミドルを決めています。
相手ゴールの右隅に突き刺す素晴らしいシュートでした。

トレント・アレクサンダー=アーノルドのゴールは、お馴染みのフリーキックから。
得意の位置からのセットプレイでしたが、素晴らしいコースに蹴っており、ゴールキーパーは動くことが出来ませんでした。

43分、ジョルジニオ・ワイナルドゥムが追加点を決めます。
アンディ・ロバートソンが左コーナーキックを蹴った際、ボックス内でハンドがあったとアピールする選手達。
しかし、ジニは集中を切らしていなかった。
両チームの選手がアピールをしている中、思いっきり右足を振り切り、相手ゴールネットへ右足のシュートを叩き込んでいます。

次に、嬉しいゴールが生まれています。
55分、ロベルト・フィルミーノがヘッドでゴール。
今シーズンでは、アンフィールドでの初ゴールでした。
右サイドから、トレント・アレクサンダー=アーノルドがロングクロスを供給。
ゴール前に走り込んで来たボビーにピンポイントで合わせ、ボビーもしっかりとヘッドで決めきっています。

リバプールの5点目は、途中からピッチに入ったアレックス・オックスレイド=チェンバレン。
このゴールはカウンターから生まれます。
自陣でボールを持ったサディオ・マネが、前へと走るアンディ・ロバートソンに繋ぎ、ロボは全力でドリブルを敢行し、縦に突破。
その流れから強いクロスを供給し、ダイレクトでアレックス・オックスレイド=チェンバレンが右足で相手ゴールネットに突き刺しています。

失点はしましたが、今日の試合は勝利をすることが重要でした。
チェルシーから5ゴールを決めたことで、最近の課題であった決定力不足も払拭できたことでしょう。

やはり、アンフィールドは特別なスタジアムだと実感した次第です。
願わくば、アダム・ララーナがプレイをする姿を見たかった思いもありますが、表彰式で最高の笑顔を見せてほしいと思います。

リバプールが優勝のトロフィーを掲げるとき。
この後、稿を改めて、そちらは取り上げたいと思います。
まずは、試合結果まで。

なお、この試合において、リバプールは5人の交代枠を使っています。

■66分:ジョルジニオ・ワイナルドゥム → ジェイムズ・ミルナー
■66分:ナビ・ケイタ → カーティス・ジョーンズ
■78分:モハメド・サラー → アレックス・オックスレイド=チェンバレン
■87分:ロベルト・フィルミーノ → ディボック・オリギ
■87分:サディオ・マネ → 南野拓実

さて、速報的に試合結果と感想をお伝えしました。
この後、優勝の表彰式です。
私も、皆さんと歓びを共にしたいと思います。

クラブワールドカップがあり、本当に厳しいスケジュールだった今シーズン。
それでもリバプールは勝ちきった。
素晴らしい結果、優勝だと思います。
選手達すべてを讃えたいですね。
勿論、ユルゲン・クロップ監督に、心から感謝します。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.