Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

レジェンド

名将ボブ・ペイズリーがリバプールの指揮官に就任した日 黄金時代のはじまり

投稿日:

Bob Paisley


7月26日、毎年この日が巡ってくると、私はここに綴っておかずにいられないことがあります。
あれは1974年のこと、ボブ・ペイズリーがリバプールの監督に就任した日に当たります。
ボブ・ペイズリーといえば、常勝リバプールとしてイングランドに、ヨーロッパにその名を轟かせた名将であり、リバプール関係者、ファンにとって大恩人だと言っていいでしょう。
歳月が流れても、ボブ・ペイズリーのことは、孫子の代まで連々と語り継がれています。

ボブ・ペイズリーがリバプールの監督を務めたのは、1974年~1983年の期間であり、この限られた時間において幾多のトロフィーをリバプールへともたらしています。
獲得したタイトルを並べるだけでは、ボブ・ペイズリーの功績を言い尽くしたとは言えませんが、ひとつの指標にはなると思いますので、ここに添えておきたいと思います。

■イングランド・トップリーグ:6回(現プレミアリーグ)
■リーグカップ:3回
■ヨーロピアンカップ:3回(現チャンピオンズリーグ)
■UEFAカップ:1回
■UEFAスーパーカップ:1回
■チャリティー・シールド:6回

リバプールに、その魂を注ぎ混んだカリスマといえば、ビル・シャンクリーのことも忘れることはできません。
ボブ・ペイズリーは、ビル・シャンクリーのまさに正統なる後継者であり、ビル・シャンクリー監督時代には、アシスタントコーチとして貢献をしていました。

ビル・シャンクリーが種を蒔き、根をはり、ボブ・ペイズリーが大輪の花を咲かせた。
それが、リバプールというチームの素晴らしき時代の歴史だったと私は思います。

本当に幸せなことに、私がまだ若かりし頃、リバプールを指揮するボブ・ペイズリーの姿をこの目で見る体験をすることができました。
いま思えば、こんなに幸福なことはありません。
あのとき、それほどリバプールの歴史に詳しいわけではなかったので、今思えば何とも貴重な体験だったと実感します。

時は流れ、今、リバプールにはユルゲン・クロップ監督が指揮官としてチームを率いています。
ぜひ、ビル・シャンクリー、ボブ・ペイズリーと並び称されるような名将として輝いてほしい。
それだけのことをユルゲン・クロップ監督は成し遂げて来ていると思います。

シャンクリーゲート、ペイズリーゲート。
アンフィールドの空から、偉大なるレジェンドは、常にリバプールを見守っていてくれる。
きっと今年は、満面の笑みを浮かべていることでしょう。

-レジェンド
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.