Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

バイエルンCEOがチアゴ・アルカンタラの移籍希望を受けたことを認める

投稿日:

Thiago Alcantara


以前から、リバプールの有力な補強候補だと噂されているバイエルン・ミュンヘン所属のチアゴ・アルカンタラ(スペイン)ですが、バイエルンのCEOを務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が、この夏での移籍希望申し出を受けたことを明らかにしたそうです。
Mirrorなど、複数以上のメディアが報じています。

カール=ハインツ・ルンメニゲ氏は、バイエルンのレジェンドであり、ドイツのフットボール界の重鎮。
その同氏が明らかにしたとなれば、本格的に今夏での移籍が加速しそうです。

以前、チアゴ・アルカンタラがトランスファー・リクエストを提出したということは、メディアでは取り上げられていましたが、バイエルンの幹部が認めたことになります。

同誌の報道によれば、移籍先については、リバプールを優先としており、この夏にはドイツを去りたい希望を伝えてあるとのこと。

まだ、決まったことではないし、不謹慎な発言かもしれませんが、リバプールではデヤン・ロブレンがゼニトへ移籍しており、ちょうど6番が空いている状況ですね。

Mirrorも多少触れていますが、既に個人合意には至っているという説もあり、あとはクラブ間での交渉次第でしょうか。
報道の出方を見る限り、チアゴ・アルカンタラ自身は、リバプール行きを望んでいるというのは、まんざら夢想でもないようです。

これからの季節は、この手の噂が多々報じられて来ることでしょう。
まず、今夏におけるリバプールの新戦力第一号は誰になるのか?
しばし、注目してみたいと思います。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.