Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ドイツ誌はスボティッチのリバプール入りを有力視

投稿日:

wsk0207_subotic_i_sk_getty
リバプールの補強候補として、ドルトムント所属プレイヤーの名前が多数あがっていますが、ドイツのメディア筋では、ネヴェン・スボティッチが、1月にリバプールへ移籍する可能性が高いと読んでいるようです。

おそらくは、ユルゲン・クロップの元で活躍したスボティッチが、今シーズンは出場機会に恵まれず、本人もクラブも、その処遇を考えるタイミングが来ているという背景があるものと推察されます。

今シーズンのスボティッチは、自分の能力を示すだけのチャンスがないわけで、そのへんも踏まえつつ、クロップがどう考えるか?ということも、大切なポイントかと思います。

前述したような状況ですので、スボティッチに対して、移籍に関する質問も多々出るようです。

スボティッチ自身は、こんな発言をしています。

「私はプレイしたいんだ。常に戦っていたいんだよ」

「自分には、それ以上出来ることはない」

「今はまだ、移籍について考える時期ではないよ。ウィンター・ブレイクまで、何試合か残っているからね」

ドイツの場合は、イングランドとは異なり、ウィンター・ブレイクがあり、ひとつの区切りになりますしね。
そこまでの期間において、なおもスボティッチが戦力として計算されないならば、冬の移籍を求めるという動きが出るのかもしれません。

ドイツ、ビルト誌では、スボティッチが1月にリバプールへ行く確率は60パーセントと予想しているそうです。

冬の移籍市場・・・。
果たして、リバプールは、誰をメインマンとして考えているのか。

今朝方入ってきたダニエル・スタリッジの怪我もあるし、ある程度の補強は必須かと思われます。

今後の成り行きを見守っていく必要がありそうですね。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.