Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

シャルケは1月にオザン・カバクを手放さざるを得ないとの報道も

投稿日:

Ozan Kabak


以前からリバプールの補強候補の1人だと目されているシャルケ所属のセンターバック、オザン・カバク(トルコ)。
今年の夏には、デヤン・ロブレンが抜けた穴を埋めるためにリバプールが狙っているという報道が各所で報じられていました。
その後リバプールには大きな変化が。
守備の要でありチームリーダーとも言えるファン・ダイクが膝に重傷を負い長期離脱。

必然リバプールは、来る1月にもセンターバックの補強に動くと見る筋が多くなってきていますね。
リバプールが新しいセンターバック獲得へと動く際、その候補としては既に数人の名前があがっていますが、オザン・カバクもその1人。

今回、ドイツのBILDが報じるところによれば、シャルケは1月になったなら、彼をチームに留めておくことは難しいだろうとのこと。
シャルケは不振を極めており、ブンデスリーガでも順位が低く、リーグ戦に限って言えば、本年1月以来勝利がありません。
さらに、以前からシャルケは資金難に苦しんでいると報じられており、オザン・カバクを1月には手放さざるを得ない状況だと同誌は報じています。

この報道を見ると、今年の夏、ミランがオザン・カバク獲得へと動いた際、£18mを提示したもののシャルケは断ったとされています。
当時、シャルケはオザン・カバクを出すならば£40mを要求していると見られており、それはこの場でも複数回ご紹介をしました。

しかし、その後シャルケの状況は悪化しており、来る1月には£40mに満たないオファーでも聞くことになるというのが同誌の主張です。

リバプールは、ファン・ダイクの長期離脱が確定しており、誰かセンターバックを連れて来ないと、どうしても枚数的に苦しい。
実際、ジョー・ゴメスが頑張っていますが、出場過多気味なことは否めません。
ジョー・ゴメスも決して怪我が少ないタイプではなく、万が一これで、ジョー・ゴメスまで離脱となったなら、リバプールとしては本当に危機を迎えます。

ユルゲン・クロップ監督のことですから、この機会に若手を成長させてしまうということも起こり得るかもしれません。
ただ、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグを今シーズンにも狙うならば、それなりの選手層は確保しておきたいところ。
ブンデスリーガのことは、当然ユルゲン・クロップ監督がよく知っているし、このオザン・カバクをどう評価しているかですね。
前述もしましたが、リバプールのセンターバック候補としては、他にも数人の名前があがっており、誰が本命なのかを見て行く必要がありそうです。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.