Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

ダヴィド・アラバ獲得を巡りリバプールを含む3クラブがバトルか

投稿日:

David Alaba


その去就が注目されているのが、バイエルン・ミュンヘンに所属するダヴィド・アラバ(オーストリア)。
バイエルンで多くの栄光を手にして来た主力プレイヤーは、新しいチャレンジを望んでいるとされています。
来年の6月で、バイエルンとの契約が満了となることから、移籍の噂は絶えることがありません。
リバプールも彼に関心を示していると各所で報じられていますが、もし本当ならば争奪戦を制することが出来るのか。

スペインのMarcaが報じるところによれば、ダヴィド・アラバには、レアル・マドリード、PSGも興味を示しているとのこと。
いずれもビッグクラブですが、センターバックを最も欲しがっているクラブはといえば、やはりリバプールでありましょう。

ファン・ダイク、ジョー・ゴメスという中心プレイヤーを相次いで欠いている状況であり、1月でのセンターバック補強は必須とも見られます。
ダヴィド・アラバならば、欲しいというクラブが多く出て来ても不思議ではありませんが、その大きな理由のひとつには、バイエルンとの契約が満了となった場合、フリーで獲得出来ることもあると思うのです。

しかし、リバプールにはフリーになるまで待つ余裕はありません。
獲るならば1月ですね。
そこが、他のクラブとの違いかと思います。

ユルゲン・クロップ監督が、1月の移籍市場での補強について、どんな方針を持っているかは分かりませんが、場合によってはセンターバック2枚獲りの可能性もあるかと思います。
その場合、1人は経験値豊かなプレイヤーが欲しいところ。
そういった意味では、ダヴィド・アラバは、うってつけの1人かもしれません。

11月も下旬に差し掛かった今、おそらくリバプールは急ピッチで交渉を進めて行くことでしょう。
果たして誰を連れて来るのか。
その動きが注目されます。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.