Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

レジェンド

ユルゲン・クロップと過ごす時間を愛するスティーブン・ジェラード

投稿日:

JS77751343
MLSのシーズンオフを利用して、リバプールへ帰って来ているスティーブン・ジェラードですが、ユルゲン・クロップと接するごとに、その感銘が深まっているそうです。

もともとジェラードは、ユルゲン・クロップのドルトムントファンだったと語っていますが、実際にクロップの側で過ごす時間を重ねるにつれ、幸福感に満たされているとのこと。

人と人として、何かしら共鳴する部分があったのでしょうね。

(SG)
彼(クロップ)と一緒にコーヒーを飲んだんだ。
部屋を出るときには、私は幸福感に満ちていたよ。

背が高い人だなと感じたね。
私はプレイヤーの一員ではないから、彼がドレッシングルームで、どんな風なのかを想像してみたりしたんだ。

クラブの雰囲気は、素晴らしいよ。
プレイヤー達は、トレーニンググランドの周りで活気に満ちているし、あらゆる所に笑顔があふれているんだ。

私は、彼が、こんな風に持ち上げてくれたんだと思うよ。

彼は、プレイヤーの近くにいたいと望んでいる。
プレイヤー達が緊張したり心配することを望んでいないんだ。

そう、彼はすべてのプレッシャーを自分の肩に背負おうとしているんだよ。

私が受けた印象をいえば、私は彼を愛している。
そのカリスマ性をも愛しているよ。

私は、彼の戦術をも愛しているし、チャンピオンズリーグでのボルシア・ドルトムントには、常に注目していたんだ。

とにかく私は、彼の大ファンだったんだ。

しかし今、彼と会い、一緒に仕事をすることで、その思いはワンランク上になったよ。

JS77751374

キャプテン!
ついつい、こう呼んでしまう私ですが、あらゆる経験をしてきたスティーブン・ジェラードが、ここまで讃えるとは、本当に珍しいことですね。

私が思うに、スティーブン・ジェラードこそカリスマではないでしょうか。
そのカリスマが、「カリスマ」と呼び、愛しているとさえ言わせるユルゲン・クロップ。

ここは、何らかの形で、クロップ&ジェラードのコラボを見てみたい欲求に駆られます。

ジェラードがアメリカへ戻るまでには、もう少し時間があります。
その間に、クロップとジェラードの間に、何かが芽生えるか!?

ちょっとした期待感とドキドキ感を抱きます。

でも、何より、せっかくリバプールへ帰ってきたジェラードが、幸せ一杯に過ごしていることが、私としては、とても嬉しく感じます。

-レジェンド
-, ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.