Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

リバプール対ブライトン戦(プレミアリーグ第22節)の結果と感想

投稿日:


先ほど、アンフィールドで開催されたプレミアリーグ第22節、リバプール対ブライトン戦が終了しました。
試合は、0-1のスコアでブライトンが勝利しています。
敗戦は敗戦として、真摯に受け止める必要があると思いますが、アンフィールドで無得点というのは、やはり残念です。
ただ、シーズンが終わったわけではないし、諦めずに、ここから盛り返してほしいですね。

正直に言えば、私は今日の試合は勝てると思っていました。
ただ、そう甘くはなかった。

リバプールが抱えている問題は、いろいろありますが、攻撃面ではサディオ・マネが不在であり、ディオゴ・ジョタも離脱中。
センターバックに負傷者が相次いだことから、ジョーダン・ヘンダーソンとファビーニョを中盤で使えていないということも影響はしていることでしょう。

本来のポジションではない役割を任されている選手もおり、それに加えて、過密日程のために、じっくりとトレーニングで熟成をする時間も足りない。
リバプールにとっては、痛いところですが、それでも勝って行く必要がある。

リバプールは、1月の移籍市場で、オザン・カバクとベン・デイヴィスを獲得しました。
通常であれば、フィットするまでじっくりと待つのが、ユルゲン・クロップ監督の方針ですが、こういう事態ですので、早めに起用する可能性も高くなったと思われます。
もう、実戦の中で、フィット感を得て行くしかありませんね。

センターバックをしっかりと固めて行けば、ヘンドとファビーニョを中盤で起用することも可能となり、また違った攻撃パターンも出て来ると思います。
いずれにしても、負けは負け。
潔く認めて、次からの試合へ向けて、気持ちを切り替えてほしいと思います。

アンフィールドといえば、リバプールは絶対に負けないという伝説めいたものがありました。
それが、最近だけでも2敗を喫した。
こうなれば、大胆な選手起用もして、来シーズン以降へ繋がるものを見出したいですね。

勿論、今シーズンも、まだ沢山の試合が残っていますので、粘り強く、諦めない心で、戦う姿勢を貫いてほしい。
細かいことは言いますまい。
ブライトンに負けた今、リバプールがすべきことはひとつ。
来るマンチェスター・シティ戦で勝利すること。
個人的には、このシティ戦で、ユルゲン・クロップ監督に、大胆な選手起用を決断してほしい。
そう思っています。

あえて、明るい材料を並べれば、サディオが戻って来る日がやって来るし、ディオゴ・ジョタも復帰へ向けてピッチを上げています。
さらに、2人のセンターバック補強。
ここから、巻き返して行きたいですね。
感想にもならないことを書き連ねてしまいました。
下を向かず、前進して行きましょう。

なお、リバプールはこの試合で、3人の交代枠を使っていますので、それを紹介して、この稿を閉じたいと思います。

■64分:シェルダン・シャキリ → オリギ
■64分:ワイナルドゥム → オックスレイド=チェンバレン
■79分:フィルミーノ → ジョーンズ

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.