Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

ヨーロッパカップ戦 試合日程・結果

リバプール対RBライプツィヒ戦(CL)の結果と感想

投稿日:


先ほど、チャンピオンズリーグ・ラウンド16のリバプール対ライプツィヒ戦が終了しました。
アウェイでのファーストレグを0-2で勝利していたリバプールは、今日のセカンドレグでも2-0のクリーンシートで勝利!
アグリゲートスコア、4-0で圧倒し、ネクスト・ラウンド進出を決めています。
リーグ戦での不振が嘘のような良い内容だったと思います。

まず、今日の試合の得点経過については、次のとおりです。

■70分:モハメド・サラー
■74分:サディオ・マネ

先制点となったモーのゴールですが、サディオ・マネの縦パスが起点となります。
サディオの縦パスを受けたディオゴ・ジョタが、よく周りを見ており、落ち着いて横から上がってきたモーにボールを渡し、モーが落ち着いて、左足で相手ゴールへ流し込んだもの。

リバプールの2点目、サディオ・マネのゴールは、途中からピッチに入ったディボック・オリギが、右ワイドから低い弾道のクロスを供給。
どんぴしゃりと合わせたサディオが、きっちりと相手ゴールへ押し込みました。

ファーストレグでのアドバンテージがあったものの、このところリーグ戦で不振を極めていましたので、一抹の不安はありました。
しかし、今日の試合は、内容も良かったと思うし、リバプールは何かをつかんだように思います。

私が思うのは、アンカーに入ったファビーニョの存在が非常に大きかっただろうと。
さすがのポジション取りと、相手にとっては嫌なストッパーぶり。
さらに、ファビーニョがアンカーへ入ることで、一列前でプレイが出来るようになったジョルジニオ・ワイナルドゥムが、非常に良かったですね。

ジニは、攻守両面で、とても良い仕事をしていたし、相手へのプレッシャーもよくかけてくれました。
個人的には、ファビーニョをアンカーにして、ジニを一列前にした方が、リバプールらしい試合が出来ると、改めて実感したところです。

まだ、リバプールへやって来て間もないオザン・カバクも、徐々に慣れて来た印象はあったし、これからリーグ戦でも挽回をして行きたいですね。
負傷明けのディオゴ・ジョタも、とてもクレバーで上手さを存分に見せてくれたと思うし、リバプールにとって明るい材料かと思います。

強豪のライプツィヒを相手にして、2試合ともに2-0のクリーンシート。
こういう試合が出来るのですから、今日の試合での感触を忘れずに、新しいスタートを切りたいですね。
いい試合をしてくれました。

なお、今日の試合でリバプールは、5人の交代枠を使っています。
それをまとめて、この稿を閉じたいと思います。

■71分:ディオゴ・ジョタ → ディボック・オリギ
■71分:チアゴ・アルカンタラ → ナビ・ケイタ
■81分:ジョルジニオ・ワイナルドゥム → ジェイムズ・ミルナー
■89分:サディオ・マネ → アレックス・オックスレイド=チェンバレン
■89分:アンディ・ロバートソン → コスタス・ツィミカス

-ヨーロッパカップ戦, 試合日程・結果
-,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.