Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールがアンドレア・ベロッティ(トリノ)に関心を示しているとの報道も

投稿日:

Andrea Belotti


新型コロナウイルスのパンデミックは、各クラブに大きな影響を与え、収入面の落ち込みが激しいと言われています。
もうすぐ夏の移籍市場がやって来るわけですが、リバプールがどれだけの資金を使えるのか。
仮に、資金を得るために、誰かを放出するにしても、買い取るクラブが現れるかも未知数ですね。

そんな中ではありますが、メディアでは日々移籍にまつわる情報が飛び交っています。
今回、イタリアからの情報としてエコーが報じるところによれば、リバプールがトリノ所属の9番、アンドレア・ベロッティ(イタリア)に関心を示しているとのこと。
アンドレア・ベロッティには、複数以上のプレミア勢が興味を持っており、そのひとつがリバプールだという報道です。

アンドレア・ベロッティは、1993年12月20日生まれで、現在27歳。
フィジカル的にも強さをもったストライカーですが、年代的には、リバプールのフロントスリーと被ることもあるし、リバプールのスタイルにフィットするのか?という点もよく考える必要はあるかと思います。

一方で、アンドレア・ベロッティとトリノの契約は2022年6月までとなっており、契約延長の交渉は進んでいないとされています。
仮にですが、比較的安価で獲得可能であるならば、こういう時代ですので、連れて来ようという考えが出ることも完全には否定できないかもしれません。

さて、このアンドレア・ベロッティですが、今回の報道によれば、リバプールの他にマンチェスター・ユナイテッドとトッテナムが注目しているとされています。
プレミア以外では、リヨン、ACミラン、インテル、ローマ、フィオレンティーナ、ナポリなどが関心を示しているとも・・・。

アンドレア・ベロッティが所属するトリノですが、リーグ戦では苦戦を強いられており、降格をする可能性も残っています。
もし、トリノがセリエAから降格することになれば、必然主力の去就にも影響を与えるだろうし、そういう状況ですから、契約延長にサインをするのは難しいと読んだほうがいいかもしれません。
厳しいクラブ経営の中、リバプールがどういう動きをするのか。
しばし見守ることになりそうです。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.