Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

レジェンド

リバプールはジェラード不在のギャップを抱えている(ユルゲン・クロップ)

投稿日:

steven-gerrard-jurgen-klopp_3383496
もうすぐ新年がやってきます。

思えば、ちょうど一年前、リバプールの象徴であったキャプテン、スティーブン・ジェラードがクラブを去る発表をした日が近づいてきたということ。

あのときの驚きは、言葉に尽くし難く、ファンにとっては、まさに青天の霹靂とも呼べる衝撃でした。

そのジェラードは今、メルウッドへと里帰りし、ユルゲン・クロップとの関係も極めて良好なようですね。

今回は、ユルゲン・クロップが、ジェラードについて、あるいはジェラード不在のリバプールについて語っていますので、一部簡単にご紹介したいと思います。

(JK)
プレイヤー達は、(ジェラード不在の)ギャップを埋めなければいけないと感じているよ。
それは大きな課題だ。

みんながトライしているが、彼等はまだ若い。
弁解ではないよ。私は事実を述べているまでだ。
それが、私達が取り組んでいることでもある。

私とスティービーは、たくさんの話をしているが、それは公式のものではない。

私は楽観的な男だが、彼には契約があるしね。
今の時点で、ローンで来てもらうということは、絶対にないよ。
しかし、可能となれば、私達はそうするだろう。

JS79293193

クロップの眼には、ジェラードが抜けた穴を埋めるには、まだまだ不足しているものがあるし、プレイヤー達自身が、それをよく理解していて、懸命になって補おうとしている姿が見えているようです。

ジェラードは現在、LAギャラクシーのプレイヤーであるし、クロップの立場で、ジェラードの今、あるいは今後を語ることは難しいことでしょう。

しかし、可能な状況になれば、私達はそうしたい!と、一言添えたクロップ。
素直に解釈すれば、ジェラードを獲れる状況になったら欲しい!という意思表示にも受け取れます。

おそらく、ジェラードがリバプールへ戻って来てくれることがあるならば、コーチ兼任という立ち位置がいいのだと、私は思います。

以前、アンチェロッティも言っていましたが、今のリバプールが必要としているのは、ジェラードやキャラガーのようなカリスマ性をもったベテランの存在かもしれません。

さてリバプール。
8番をどうしますか?

-レジェンド
-, ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.