Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

ウェストブロム対リバプール戦の結果と感想

投稿日:


先ほど、プレミアリーグ第36節、ウェストブロム対リバプール戦が終了しました。
リバプールは、今日も先制を許してしまいました。
その後、モハメド・サラーのゴールで追いつくものの、1-1のまま試合は推移。
今日は、何かちぐはぐさを感じた試合でしたが、最後の最後で、大きな、大きなドラマが待っていました!

試合結果ですが、1-2のスコアで、リバプールが逆転勝利をおさめています。
決勝ゴールが生まれたのは、完全にラストプレイ!
リバプールは、コーナーキックを取り、時間が時間でしたので、ゴールキーパーを含めて全員がゴール前へ!
何と!決勝ゴールを決めたのはアリソンでした!

ナイス・ヘッド!アリ!

滅多にないグラフィック

この瞬間、私はアリソンが神に見えました。
もう今日は、マン・オブ・ザ・マッチの投票はいらないと思います。
それどころか、これでリバプールがチャンピオンズリーグの出場権を得たならば、アリソンがプレイヤー・オブ・ザ・シーズンでよいのではないか!
そこまで感動的なラストシーン。

得点経過ですが、次のとおりです。

▲15分:失点
■33分:モハメド・サラー
■90+5分:アリソン

同点ゴールとなったモーのゴールですが、サディオ・マネからボールを受けたモーが、右45度の角度から、ほぼノーステップでの左足で相手ゴールのファーに決めたもの。
非常に精度の高いキックでした。

アリソンのゴールについては、もう表現する言葉がありません。
左コーナーからのボールをヘッドで最高のコースへ決めたもの!
誰から指示がなくてもアリソンは上がって行ったでしょうが、コーナーキックの前に、サディオ・マネが身振り手振りでアリソンを呼んでいましたね!

もはや、これまでか。
世界中のリバプールファン、その何割が思ったことか。
しかし、リバプールは諦めなかった。
アリソン!最高だよ!

チアゴも非常にアグレッシブ且つクレバーなプレイをしていたし、勝てて本当によかった。

リバプールにとって厳しかったのは、攻撃にてこ入れをするにも、交代のピースがベンチにほとんどいなかったことですね。
ああ、ディオゴ・ジョタがいれば・・・と、思ってしまった自分がいます。

この勝利によりリバプールは、トップ4争いに踏みとどまりました。
次の試合には、ジェイムズ・ミルナーとアレックス・オックスレイド=チェンバレンが戻って来る可能性がある。
また、やはりジョルジニオ・ワイナルドゥムの存在は大きいと、私は感じました。

今日の試合は、ありがとう!アリソン!
その一言です。

リバプールですが、今日はベンチが手薄だったこともあり、2枚の交代カードに留まっています。

■59分:カーティス・ジョーンズ → シェルダン・シャキリ
■83分:リース・ウィリアムズ → ジョルジニオ・ワイナルドゥム

アリソンが、奇跡のような仕事をし、生き残ったリバプールです。
ラスト2試合!
今日のような堅さは消して、伸び伸びと行きたいですね!
本当に、ありがとうアリソン!

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.