代表関係 プレイヤー

トレント・アレクサンダー=アーノルドの中盤起用も示唆するサウスゲート監督

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

Trent Alexander-Arnold


ユーロへ向けて、昨日33人のメンバーを発表したイングランド代表。
この33人ですが、6月1日には26人だけが残ることになります。
この人選に関しては、サウスゲート監督に、いろいろな質問が飛んだようですが、右サイドバックでは、トレント・アレクサンダー=アーノルドが落選する可能性が最も高いのか?といった趣旨の話も出たようです。
Sky Sportsが報じています。

というのも、前回代表チームを編成した際、サウスゲート監督は、トレントをメンバーから外しており、少なからず驚きの声もあがっていました。
今回選出された33人は、いわゆる暫定メンバーと言ってもよいもので、6月1日に発表されるラインアップの中に、トレントが残れるのか?
そこが質疑にあがったというのです。

イングランドには、優れた右サイドバックが多く、33人の中には、4人の右サイドバックが含まれています。
Skyは、この4人すべてが、26人に残れる可能性は低いのではないか?と指摘しています。
その場合、はじかれるのがトレントになるのか?と・・・。

サウスゲート監督は、人々は、私が彼を評価していないと誤解をしているようだ。
そんな趣旨の発言をしています。
その上で、トレントはまだ若いし、素晴らしいフットボーラーだと持ち上げてみせます。

それにしても、右サイドバックが4人というのは、さすがに多い。
その点について、サウスゲート監督は、トレント・アレクサンダー=アーノルドは、右サイドからアシストをする素晴らしいキックを持っているとし、彼なら中盤でもやれると答えたそうです。

本当に、トレントを中盤で使うつもりなのか?は、別として、私が不安なのは、普段やっていないポジションをこなすため、違ったトレーニングを行い、怪我でもしないか?ということです。
心配性に過ぎるでしょうか。

将来トレントは、中盤でのプレイが期待されている。
そういう声は、彼がリバプールのファーストチームに上がって来た頃からありました。
しかし、ユルゲン・クロップ監督は、現時点に至るまで、一貫して右サイドバックで起用をしています。

トレントの将来を考えたとき、今後どのように育てて行くのか。
それは、リバプールにとって大切なテーマですね。
イングランド代表でやらせてみて、どういうプレイが出来るかを見てみるのも確かに興味はあります。
ただ、怪我だけは避けたい。
いずれにしても、33人から26人にメンバーが絞られる6月1日は、トレントへの注目が集まることは間違いなさそうです。

-代表関係, プレイヤー
-