Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

移籍関係

リバプールがラフィーニャ(リーズ)獲得資金を準備したとの報道も

投稿日:

Raphinha


必然的に、この時期になれば、移籍の噂も増えてきますね。
それぞれ、どこまで信憑性があるのか?という部分はありますが、これもプロ・フットボールの一部だし、ちょっと野次馬的に踊らされてみるのもいいかな?なーんて、思うこともあります。
さて、今回ですが、リーズに所属するラフィーニャ(ブラジル)のことに触れてみたいと思います。

ラフィーニャの件を報じているのは、リバプールの地元誌エコーですが、よくあるように、「こんな噂、情報もありますよ」的なものです。
だいぶ以前のことになりますが、リバプールがラフィーニャに関心を示している・・・というものを書いた記憶があります。
そのラフィーニャは、現在パリ・サンジェルマンに所属しているプレイヤーで、チアゴの弟に当たります。

さて、リーズのラフィーニャですが、今回の報道によれば、その移籍金となる£32mをレッズは支払う準備が出来ているとのこと。
新型コロナウイルスのパンデミックに陥る前であれば、プレミア勢にとっては、手が出ない金額ではありませんが、今年の夏は、どうなりましょうか・・・。

ラフィーニャといえば、よく報道で出て来るのは、マンチェスター・ユナイテッドが欲しがっているというもの。
リバプールとの争奪戦になると報じられています。

リバプール行きが噂される中、ラフィーニャ自身は、リーズで快適に過ごしているとこたえているそうですが、本心がどうか?は、本人にしか分かりませんからね。

ラフィーニャですが、利き足は左で、特にカットインをするプレイが得意なことから、右サイドでプレイする機会が多く見られます。
相手にとって脅威になるプレイヤーだし、リバプール目線でいえば、あのビエルサ監督が目指すスタイルを経験しているのは、プラス要素になるかと思われます。
前線からのアグレッシブさという点では、リーズは相当なものだと私は思います。

ラフィーニャとすれば、この噂が本当であるとするならば、リバプールからもマンチェスター・ユナイテッドからも誘いがある。
そこで、どちらを選ぶか!という、ある意味究極の選択となります。
彼の立場で考えたとき、リバプールへ来るメリットとすれば、アリソン、ファビーニョ、ロベルト・フィルミーノの3人、セレソンが揃っていることでしょうか。
ブラジル代表としても輝きたいという夢は持っているだろうし、結構リバプールにとっては助け船になりそうでもあります。
さて、今しばらく様子を見てみましょうか。

-移籍関係
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.