移籍関係 プレイヤー

ダニー・イングスがCL出場を目指しサウサンプトンとの新規契約を拒否

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

Danny Ings


かつて、リバプールに在籍をしたストライカー、ダニー・イングス。
あの面構えといい、常に全力で戦う姿には、胸を打たれたものでした。
リバプール時代は、とても残念なことに、大きな怪我が続き、多くの時間を治療とリハビリに費やすこととなりました。

そのダニー・イングスですが、リバプールからサウサンプトンへの1年間のローンを経て、完全移籍でサウサンプトンの一員に。
セインツでは、メインの点取り屋として重用され、結果も残していますね。
昨シーズンを思い出すと、リバプールもダニー・イングスに得点を許しています。

さて、そのダニー・イングスですが、Athleticが報じるところによれば、チャンピオンズリーグ出場を目指すために、サウサンプトンから提示された新規契約を蹴ったとのこと。
ダニー・イングスにしてみれば、やはりチャンピオンズリーグの舞台でプレイがしたい!
その気持ちが芽生え、思いが強くなっているのでしょうか・・・。

ダニー・イングスですが、現時点で28歳。
フットボーラー人生を考えれば、今後数年がピークですね。
そこで一花咲かせたいと思ったとしても不思議ではありません。

年齢的に、リバプールのフロントスリーと被る世代のため、リバプールへのカムバックは現実的ではないかもしれません。
ただ、あのファイティング・スピリットは、ユルゲン・クロップ好みのようにも思います。
理屈を抜きにすれば、私はこう言ってみたい。
イングシー!帰ってくるかい!?レッズへ!

-移籍関係, プレイヤー
-