Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

ユルゲン・クロップ 「自分自身に怒っている」

投稿日:

michail-antonio-liverpool-west-ham-premier-league_3394556
2-0と、ウェストハム戦で敗戦を喫したリバプールですが、結果もそうですが、試合内容的にも貧弱なものになってしまったことは否めません。

ユルゲン・クロップは、100パーセントを発揮しなければ勝てないという趣旨の発言をすると共に、この試合の怒りを自分自身へと向けています。

クロップは言います。
「責任は私にある」

「自分自身に怒っているんだ」

指揮官として、敗戦の責任を一身に背負おうということだと思います。

ところで、昨日の試合を観ながら感じたことを一つ書くとすれば、今のリバプールには、ピッチ上で強いキャプテンシーを発揮し、チームを鼓舞する存在が欠如しているのではないか?ということです。

もし、ジェイミー・キャラガーが、あの場にいたならば、不甲斐ない試合運びに憤慨し、顔を真っ赤にして、怒鳴り散らしたことでしょう。

もし、スティーブン・ジェラードがいたならば、決して諦めずに、自らも前線へ駆け上がり、ゴールを狙っていたことでしょう。

私は、若手の獲得、さらには登用、起用には大賛成です。
しかし、最低一人は、ピッチ上で、強力なリーダーシップを示せるカリスマがほしいと思うところ。

プレイヤー達が、下を向いてしまいそうなとき、まだ試合は終わっていない!と、自らが先頭に立って、プレイで示せる存在が、リバプールには必要だと実感した日でした。

おそらく、昨日の試合を観たファンの多くは、冬の補強は必須!だという意見をもったことでしょう。
それも一理あります。

もし、補強を敢行する場合ですが、才能あふれるタレントだけではなく、強いメンタリティーとキャプテンシーを持った鉄人が一人ほしいですね。

いくら監督が、叫んでも、試合が始まってしまえば、プレイヤー達が、自ら何とかしなければなりません。
ピッチ上に、強いハートを持った存在が一人いてくれるだけで、だいぶリバプールも変われると思うのですが。

-プレミアリーグ
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2019 All Rights Reserved.