Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ 試合日程・結果

QPR戦の結果と感想

投稿日:

今さっき、アンフィールドでの対QPR戦が終了しました。
結果から書くと・・・・2-1でリバプールの勝利!

試合展開としては、まず19分にフィリペ・コウチーニョが美しいゴールで先制。
先制した後、追加点を奪うチャンスを逃す中、73分にはセットプレイから同点に追いつかれ、嫌な流れに・・・・。

その後、ペナルティ・エリア内でシュクルテルが倒され、PKを得たものの、キャプテンのキックはキーパーに止められてしまいました。

ですが、ここで決定的な仕事が出来ることが、スーパースターなのでしょう。
87分に、キャプテン渾身のヘディングが決まり、これが決勝点となりました。

ファーストハーフは、ピッチがウェットだったことも影響してか、パスが微妙にずれているシーンが目立っていたと思います。
しかし、徐々にペースをつかんだのはリバプール。

流れを生んだのは、前線でのリッキー・ランバートの働きが大きかったと思います。
ボールがない場所での動きもよかった。
ランバートがいることで、ララーナやスターリングも前を向いて走り込む形が出来ていたと感じます。

いまさらですが、リッキー・ランバートというプレイヤーは、じっくり時間を与えてあげれば、しっかり仕事をするタイプなので、今シーズン、もっと起用していたら・・・という思いもわいてきます。

また、改善すべき点は、ゴールを決めるべき時に決めないと、厳しい状況になるということを肝に銘じて、今後の糧にしてほしいと思います。

少なくとも、同点に追いつかれる前に、あと2点は取れるシーンがあったのではないでしょうか。

しかし、そうは言っても、キャプテンがヘディングで決勝ゴールを奪ったのですから、素晴らしい終わり方!
ただ、それだけです。

アンフィールドで残された時間は、あと90分のみ。
キャプテン、歓喜の笑顔を見られてよかった!
心から、そう思います。

最後になってしまいましたが、68分からピッチ・インしたジョーダン・アイブは、やはり素晴らしいと感じました。
常にゴールを意識した動きをしているし、相手ボールに移ったとしても、決して諦めずに並走して、何としてでも奪い返そうという姿勢が伝わってきました。

19歳、リバプールの新しい時代を築く一人になるのではないでしょうか。

それにつけても、キャプテン、スティーブン・ジェラードの決勝ゴール。
幾多の修羅場をくぐり抜けて来た男の強さを見ました。

ありがとうキャプテン。

-プレミアリーグ, 試合日程・結果
-, ,

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2021 All Rights Reserved.