ジョーダン・アイブもハムストリングでエクセター・シティ戦を欠場へ

Stoke-City-v-Liverpool (1)
キャピタルワンカップ準決勝では、ストーク相手に決勝ゴールを決めたジョーダン・アイブ。

フィリペ・コウチーニョの負傷離脱もあり、アイブのがんばりが期待されていたところです。

しかしながら、まったくもって残念なことに、アイブもハムストリングの負傷に襲われてしまったとのこと。

これでリバプールは、ハムストリングの負傷だけで7人の怪我人を抱えることになってしまいました。

エコーなど、英国メディアによれば、FAカップ、対エクセター・シティ戦では、アイブの出場は無理だとのこと。

軽傷であることを祈るばかりです。

現在のリバプールは、ベンチの顔ぶれを見たとき、攻撃のオプションが不足している感は否めず、アーセナル戦、マンチェスター・ユナイテッド戦を考えると、アイブまでをも欠くとなると、さらに攻めのピースが減ってしまいます。

常識的に考えると、まずはクリスティアン・ベンテケとロベルト・フィルミーノ、あるいはアダム・ララーナがフル稼働状態になると思われますが、エクセター・シティ戦では、大胆に若手を起用するなど、主力の疲労を緩和する策を取っていいと、私は思っています。

冬の補強には消極的だったユルゲン・クロップですが、今の状況を直視すれば、クラブにも窮状を訴えて、何人かを連れて来る必要性も生じそうです。

日本時間明朝のエクセター・シティ戦からマンチェスター・ユナイテッド戦までの3連戦は、私としては、もう若手の活躍を期待する見方に、自分の頭を切り換えようと思いはじめている次第です。

こんなときこそ、1ファンとして応援したいですね!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]