リバプールと私

区切りの時を笑顔で飾ったリバプール

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします


お疲れ様です。
まずはじめに、いつもこの場にお運びくださり、ありがとうございます。
今シーズンは変則的で、途中にワールドカップ本大会が入るというシフトに。
ある意味、後半戦はどうなるか分からない。
そんな要素を持っていると思います。

さて、私達のリバプールですが、苦しい時もありましたが、ワールドカップ前のラストマッチを勝利で飾りましたね。
守護神アリソンのファンセーブに救われたシーンもありましたが、どんな内容でも勝ちきることがどれほど大切か。
そのことを私達は学んで来ました。

とにかく勝利して、リバプールの選手達の笑顔を見られるならば、私はそれでハッピーになれます。
そういった意味で、サウサンプトン戦はしっかり勝利が出来てよかったですね。
笑顔であふれていましたし。
舞台がアンフィールドであったことも素晴らしかった。

今シーズンのここまでを振り返ると、私の個人的なことでは、家族(複数)の介護生活となり、自分自身も療養を必要とする状況にもなりました。
ですが、ペースがスローになったとしても、これからも続けて行く所存です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

しばらくの間、リバプールの試合がありませんので、皆さんにお伝えをすることも変化して来ると思います。
ただ、そんな中でも何かを思いついたならば、折りに触れて日々お届けしていけたら!と思っております。

ワールドカップがどうなるか?
それは、誰にも分からないことです。
アクシデントがないとも限らないし。

ただ、これだけは信じたいのです。
ワールドカップが終了して、メンバー達が帰って来たとき、プレミアリーグは再開される。
そのとき、きっとリバプールは良くなっていますよ。
良くなって行きますよ。
それをお届けして行きたいと願っています。

ひとつの区切りにあたり、日頃お世話になっている皆さんにお礼を申し上げたく、ここに書かせていただきました。
これから年末を迎え、気候も冷えてきますが、どうぞご健勝でお過ごしください。
また、明日からも、どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

-リバプールと私