プレイヤー 未分類

チアゴ・アルカンタラは4週間の離脱へ

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします


マンデー・ナイトには、マージーサイドダービーが組まれていますが、チアゴ・アルカンタラについては、欠場が濃厚ではないかと以前書かせていただきました。
そのチアゴについて続報が出ています。
Telegraphによってもたらされた情報によると、チアゴはマージーサイドダービーを欠場した上で、さらに4週間の離脱になるとのこと。

これが本当だとしたら、リバプールにとって非常に痛い事態となりますね。
チアゴですが、詳しいことはまだ分かりませんが、股関節に問題を抱えているようです。
フィジカルに問題が発生していることは、金曜日に行われたユルゲン・クロップ監督の会見でも触れられていましたが、離脱期間など具体的な話は、その時点では出ていませんでした。
おそらく、スキャンなどの検査をしたものと推察されます。

今シーズンのリバプールは、相次ぐ負傷者に悩まされ続けて来ました。
特に、中盤については、万全な状態になったことがありません。
コンディションが上がって来ないメンバーもいる中、チアゴは攻守に奮闘していましたが、ついに怪我の影が。

約4週間の離脱とのことですが、今回の報道によれば、チャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦では、2レグとも欠場となる可能性があるとされています。
返す返すもリバプールにとっては痛い離脱となります。

ただ、こんなときこそラッキーボーイに出て来てほしいですね。
ポジション的には、アレックス・オックスレイド=チェンバレンもやれると思いますが、今後のことも考えたとき、私としてはファビオ・カルヴァーリョを使ってほしいと思っています。
リバプールでのプレイに慣れてくれば、大きく開花する可能性を秘めている若者だからです。
チアゴの離脱は痛い、痛すぎる。
それでも、怪我の功名たるべく、誰かがアピールをする。
ぜひ、そうあってほしいですね。
詳細は、今後発表されるであろうユルゲン・クロップ監督からの説明を待ちたいと思いますが、チアゴの一日も早い回復を祈ります。

-プレイヤー, 未分類
-