プレミアリーグ プレイヤー

ボビーは最高だ!と、ユルゲン・クロップ監督が言っています アンフィールドが最も望んでいたゴール!

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします


いやいや、それにしてもリバプール対マンチェスター・ユナイテッド戦は、リバプール怒濤のゴールショーでしたね。
凄いものを見せてもらいました。
しっかりとチームが機能したとき、レッズはこれほどの爆発力を持っていたのか!
そう実感しました。

今回の大勝は、新しくレッズへやって来たアタッカーが揃ってゴールを決めたことも大きかったですね。
ダルウィン・ヌニェスとコーディ・ガクポです。
前線の3人が、揃って2ゴール!
私は、かなり確信をしています。
7-0になっても、モハメド・サラーはハットトリックを狙っていたと。

さて、ここではボビーのことを書きたいと思います。
前述したように、リバプールは取るべき人が点を取り、高いパフォーマンスを発揮しました。
その上で、私は欲張りになっており、ここでボビーにゴールが来たら!
と、心の中で叫んでいました。
実は、よーーーっし!と独り言を言っていたのですが。

ボビーが途中から出て来て、出場をした時間は短いけれど、しっかりとゴールを決めた。
相手はマンチェスター・ユナイテッド。
場所はアンフィールドのコップスタンド側。
これが嬉しくないはずがありません。

そのボビーについて、ユルゲン・クロップ監督が一言述べたようです。
忠実な訳ではなく、かなり主観が入って来ますが、そのへんはご容赦を。

フリーでリバプールを去ることになるロベルト・フィルミーノについてクロップはこう言った。
ボビーにとって、簡単な決断ではなかった。
彼は、最高の男だよ!
彼が受けた歓迎は、本当に素晴らしいものだった。
スタジアム全体が最も望んでいたゴールだったと思うよ。

私も恥ずかしながら、長くリバプールのことを見て来たし、応援して来ましたが、ここ数日は本当にスペクタクル!ですね。
もう、テンションがおかしくなりそうです。
何よりも、コップの前でボビーが決めた!
最高の笑顔を見られた。
セレブレーションを舞った。
この試合、永久保存版かもしれません。
ボビー!
90分間が過ぎれば優しい目に戻っていたナイスガイ。
いつまでも、どこへ行っても応援したい人物です。

-プレミアリーグ, プレイヤー
-