移籍関係

ジュード・ベリンガム獲得にかかる資金の用意が出来ているとされるリバプール

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

Jude Bellingham


ジュード・ベリンガムといえば、毎日のように多くのメディアが彼の話題を出していますね。
それだけ注目されている証拠であり、移籍が実現すれば、実に大きな取引になることは間違いありません。
リバプールは、そのジュード・ベリンガムをずっとトップターゲットに据えていると見られており、必然レッズとベリンガムのリンクを報じる記事は多くなっています。

Caughtoffsideが報じるところによれば、今年の夏にジュード・ベリンガムを放出する場合、ドルトムントは£130mを超える金額を要求するとのこと。
その金額をリバプールは用意が出来ているとしています。
さらに同誌は、ジュード・ベリンガムの新天地としては、リバプールが最有力だと報じてもいます。

一方で、ジュード・ベリンガムとすれば、ヨーロッパの舞台で活躍したい希望があるとされており、それは自然なことだと思います。
仮に、リバプールが獲得レースで優勢だとしても、チャンピオンズリーグの出場権は得ておきたいですね。
それを確保できるか否かでは、大きな違いがあることでしょう。

ここまで注目されるプレイヤーというのも滅多にいませんが、ジュード・ベリンガムは、まだ19歳ですからね。
将来への投資という意味で言えば、やはり移籍金は高くなるのだろうと思われます。
ドルトムントでの活躍のみならず、イングランド代表としてもワールドカップで存在感を示したジュード・ベリンガム。
その決断が注目されます。

-移籍関係
-