移籍関係

リバプールの移籍市場に係る最新情報を提供したファブリツィオ・ロマーノ氏 レッズとバイエルンは相互に助け合う可能性がある

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします


今年の夏、中盤の立て直しが急務だと言われているリバプールですが、補強候補として名前があがって来た数は、憶えきれないほどです。
そんな中、ファブリツィオ・ロマーノ氏がCaughtOffsideにおいて、リバプールの補強に係る最新情報を提供しています。
チャンピオンズリーグ出場が危ぶまれる中、ジュード・ベリンガム獲得を断念せざるを得なくなったことで、ここへ来てリバプールのスタンスは微妙に変化しているというのです。

今回、ファブリツィオ・ロマーノ氏は、リバプールの補強ターゲットだとされている中でも2人のことを主に取り上げています。
1人は、ウルブスに所属するマテウス・ヌネス(ポルトガル)に関することです。
同氏の見解によれば、リバプールの補強候補として、マテウス・ヌネスは優先順位が下がっているとのこと。

一方、最近よく話題にあがるバイエルン所属のライアン・グラフェンベルフについては、依然としてリバプールの補強リストに入っていると同氏は見解を述べています。
ただ、現時点では、バイエルンは彼を来シーズンも残したい意向だと。

しかしながら、リバプールとバイエルンとは、チアゴ・アルカンタラ、サディオ・マネの移籍に関してのお付き合いがあり、良好な関係を築いていることから、相互に必要とする部分で助け合う可能性があると指摘をしています。
というのは、ロベルト・レヴァンドフスキの穴を埋めたいバイエルンは資金を必要としており、リバプールへと選手を出す可能性もあるというのがファブリツィオ・ロマーノ氏の見解です。

ライアン・グラフェンベルフは、20歳のオランダ人プレイヤーですので、もしリバプールへ来れば、ファン・ダイクがいますね。
今ならば、コーディ・ガクポともチームメイトになることが出来ます。
もし、ファブリツィオ・ロマーノ氏の見立てが正しいならば、マテウス・ヌネスに関しては、リバプールにとって特別な存在ではないことになります。
今回寄稿された記事の中でも、マテウス・ヌネスは、大勢いる補強候補の1人に過ぎないと同氏は語っていました。
なので、決して優先順位は高くないようです。

まったくの仮定ですが、本当にジュード・ベリンガムが、来年の夏までドルトムントで待つことになれば、リバプールは噂される現役イングランド代表のミッドフィールダーを連れて来ることに意味を見出せそうですね。
リバプールには、ジョーダン・ヘンダーソンもいるし、トレント・アレクサンダー=アーノルドもいます。
そういうことと、ジュード・ベリンガムの新天地探しは無関係だという見方もありますが、質の高いイングランド代表が多数在籍するチームであれば、プラスにこそなれ、マイナスにはならないと思います。
さて、リバプールは、どう動きますか。
少なくとも、バイエルンのライアン・グラフェンベルフが、リバプールのターゲットであることは、かなり真実に近いことのようです。

-移籍関係
-