プレイヤー

リバプールに感謝の言葉を寄せたアルトゥール

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

Arthur

昨年の夏、リバプールの中盤は火の車でした。
相次ぐ負傷者が出たことにより、補強面でも計算が狂ったように思います。
そんな時期、レッズはユベントスからアルトゥールをローンで連れて来る動きをしたわけです。

ただ、そのアルトゥールも大きな怪我を負ってしまい、リバプールではほとんどプレイが出来ませんでした。
それでもアルトゥールは、リバプールに、ユルゲン・クロップ監督に感謝の言葉を述べています。
アルトゥールがGoalのインタビューに応えたもので、いろいろなことを話しているのですが、ここではリバプールに関係する部分をご紹介したいと思います。

Arthur
私がここへ来て以来、ユルゲンは本当によくしてくれたよ。
ユルゲンと一緒に仕事が出来るのは、私にとって光栄なことさ。
彼は、世界でも最高の監督の1人だね。
よく私に話をしてくれたよ。
彼は、信じられないような人物であり、治療に当たっては、いつも本当によくしてくれた。
それは、エレガントで特別なものだったよ。
トレーニングで、彼と一緒にいられるということは、選手として本当に多くのものを与えてもらったんだ。
彼から学ぶことは沢山あって、回復した今、きっとこれから役に立つことが多いと思う。
勿論、もっとプレイが出来るようになりたいよ。
でも、私が来た時と今では状況が異なることも理解しているつもりさ。
というのも、当時のチームにはいくつかのニーズがあったけど、今あるのは別のニーズだからね。
彼等と話をしていて、「誰にも不満はない」と言ってもらえると安心するよ。
また、リバプールは私のことを本当によくしてくれた。
彼等には、良い言葉しか言えないよ。
とても特別な愛情を持っているしね。
来シーズンは、新しいバージョンのアルトゥールを見ることが楽しみだ。
できれば、プレイをしてチームメイトにさよならを言う機会があればいいのだけれど。
テクニカル部門の人達やファンの皆さんも、本当によくしてくれたよ。

アルトゥールは、試合にこそほとんど出られませんでしたが、クロップ監督と練習をする時間を共にすることで、多くのことを学べたと話していました。
きっとそれは、これからの新しいアルトゥールに役立つだろうと。
また、怪我をしている長い時期がありましたが、そんな時でも本当によくしてもらったとアルトゥールは感謝の気持ちを述べています。

新しいシーズン、アルトゥールは、どこでどんな活躍をするのか。
リバプールで過ごした時間を特別なものだったと言ってくれているわけで、彼がどこへ行こうと、その幸運を祈りたいと思います。
またきっと、どこかで出会うことがあることでしょう。
アルトゥールに幸運を。

-プレイヤー
-