ヨーロッパカップ戦

ヘイゼルの悲劇から38年 心から哀悼の意を表します

皆様のご寄付により本サイトは運営されています。『OFUSEで応援する』からお願いします

Heysel Stadium Disaster


38年の歳月が流れました。
1985年5月29日には、あまりにも痛ましい出来事が起こってしまい、それは『ヘイゼルの悲劇』と呼ばれています。
まずもって、お亡くなりになった方々に、心から哀悼の意を表します。

ヘイゼルの悲劇ですが、ベルギーのヘイゼルスタジアムで開催されたUEFAチャンピオンズカップ決勝、リバプール対ユベントス戦の開催時に起きてしまったものです。
これは、スタジアムのボックスZで起こったもので、試合の開催に当たり、両チームのサポーター間に混乱が発生し、39人の尊い命が犠牲となり、負傷者は400人を超えるという惨劇になってしまいました。
最高の舞台が地獄図と化したわけで、あまりに悲しい出来事であり、あってはならないことでした。
ヨーロッパのフットボール史に残る悲劇であり大惨事。

大切なことは、犠牲になった人々を悼みつつ、2度と同じことを繰り返さないという誓いを守ることだと思います。
ヘイゼルの悲劇は、38年前に現実のものとして起こったわけで、それを歴史から抹消することは出来ません。
ならば、その教訓を今後に生かして行きたいですね。

老若男女が、安心して通えるスタジアムに。
ヘイゼルの悲劇が、その大切さを教えてくれていると思います。
こうした節目に当たる日に、改めて皆で考え、より良い環境でフットボールが楽しめる場所づくりを実現して行くことが大切ですね。
亡くなった人々には、ご家族があったはず。
その悲しみは、どれほどのものか。
ヘイゼルの悲劇を教訓にして、これからのために生かして行きたいですね。

-ヨーロッパカップ戦
-