Liverpool FCを応援するブログです。 とにかく、ポジティブに楽しく応援したい! REDS戦士とアンフィールドの人々が大好きです。  Written by Toru Yoda

リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog

プレミアリーグ

スタッツに見る対アストン・ヴィラ戦

投稿日:

JS82588245
6ゴールが生まれた対アストン・ヴィラ戦。
それぞれのゴールのスコアラーが違うところも特徴だったと思います。

それだけ多くのプレイヤーが喜びをかみしめたわけで、いい結果になりましたね。

今回は、主立ったスタッツを確認しつつ、今一度、この試合を振り返ってみたいと思います。

まず、90分間を通じて、終始リバプールペースだったことは、間違いないところでしょう。
アストン・ヴィラにとっては、カウンターかセットプレイしかチャンスはないような試合展開になりました。

そんな中、カウンターの目を中盤までの位置でつぶしていたことも、勝因のひとつだったと思います。

スタッツとしては・・・
○シュート数 リバプール11本、アストン・ヴィラ6本

○オンターゲット(枠内シュート数) リバプール9本、アストン・ヴィラ1本

○ポゼッション リバプール60.7パーセント、アストン・ヴィラ39.3パーセント

○コーナーキック リバプール6本、アストン・ヴィラ0本

まず、9本のショット・オン・ターゲットで6ゴールは、極めて効率のよい得点だし、崩しやシュートが適切だったということでありましょう。

また、ポゼッションに関しては、アストン・ヴィラも39.3パーセントありますが、リバプールの押し上げにより、エリアを下げながら繋いでいるだけ・・・というシーンも多かったので、リバプールの一方的試合だったと言っていいと思います。

さらに、リバプールの鬼門、コーナーキックを一本も与えなかったことも注目されます。

ただ、これで安心することなく、特に守備面は、改善を続けたいですね。
コーナーキックをはじめ、セットプレイへの対応、クロスへの対処など、リバプールには課題があります。

守備面の安定を図る中で、昨日のような攻撃のバリエーションを発揮できれば、自ずと結果もついてくることでしょう。

とはいえ、アストン・ヴィラ戦での結果と試合内容は、間違いなく、プレイヤー達の自信となったことでしょう。
ヨーロッパリーグ、キャピタルワンカップ決勝を控えた時期に、ポジティブなものをつかんだ!と言っていいと思います。

-プレミアリーグ
-

Copyright© リバプールブログ Liverpoolの1ファンが綴るblog , 2020 All Rights Reserved.