移籍関係

リバプールとのリンクが噂されるゴンサロ・イナシオ

Goncalo Inacio


近年のリバプールは、ポルトガルから人材を連れて来ることも増えてきましたね。
ルイス・ディアスしかりダルウィン・ヌニェスしかりと。
また、ポルトガル代表としてはディオゴ・ジョタがいます。
今回取り上げたいのは、スポルティングに所属するセンターバック、ゴンサロ・イナシオ(ポルトガル)のことです。

ゴンサロ・イナシオは、22歳になったばかりで、センターバックとしては若手の部類に入ると思います。
利き足は左であり、貴重なレフティーのセンターバックということになります。
今回、リバプールとゴンサロ・イナシオのリンクを伝えているのはFichajesですが、以前からエコーも彼のことは補強候補の1人として取り上げていました。

私が記憶する限り、2023年2月にはリバプールとのリンク説が出ていたと思います。
また、今年の夏にもリバプールは獲得に動くのではないかという報道もあり、私としても注目をしていたのですが。
実際、リバプールはゴンサロ・イナシオを見るために、スカウトを派遣していたという報道もあったものです。

当時、ゴンサロ・イナシオの契約にはリリース条項があるとされており、その金額は€45mだと見られていました。
ただ、今年の夏にスポルティングとの契約延長にサインをし2027年までが彼の任期となっています。
この契約延長ですが、私の想像ではありますが、リリース条項の金額を高くしようという思惑もあったのではないかと思っています。
新契約でのリリース条項は€60mだとされています。

リバプールで、レフティーのセンターバックといえば、どうしてもダニエル・アッガーを思い出しますが、ゴンサロ・イナシオは右側のセンターバックでも多くプレイをしており、もし彼を連れて来た場合にはセンターバックの組合せに関するオプションが増えるようにも思います。
いずれにしても、リバプールがセンターバックを必要としているのは事実でしょうし、あとは誰を連れて来るか?ですね。
出来ることならば、1月に欲しいところですが、冬の移籍市場における優先順位でセンターバックはどうなのか?
リバプールの動きを注目してみたいと思います。

-移籍関係
-,